手術支援システム ダ・ヴィンチ

トップ ダ・ヴィンチとは ロボット手術のメリット 前立腺がん治療について


ダ・ヴィンチとは

遠隔操作型内視鏡下手術システム

ダ・ヴィンチは、1990年代に米国で開発され、世界中で導入が進んでいる最新鋭の手術支援ロボット(遠隔操作型内視鏡下手術システム)です。

現在では米国全土で約1,500台が稼働しており、日本でもここ数年で急速に普及しています。

日本では、平成24年4月に前立腺がん摘出術において保険適用され、今後は腎臓、直腸、胃、肺、子宮などさまざまな臓器への適用拡大が期待されています。

このページ先頭へ

ダ・ヴィンチの仕組み

  • サージュコンソール
  • ペイシェントカート
  • ビジョンカート

サージョンコンソール

サージョンコンソール


手術支援システム「ダ・ヴィンチ」の、司令塔です。

術者は手足、そして視覚を駆使することで、「ダ・ヴィンチ」のすべての操作を行うことができます。

開放手術のように、術野を実際に目で捉えながら鉗子を動かしている感覚で作業することができます。

マスターコントローラ

マスターコントローラ

鉗子(インストゥルメント)や内視鏡カメラを自在に 操作できます。

  • ステレオビューワ

    ステレオビューワ

    双眼鏡のようなレンズを覗き込むと、内視鏡が捉えた患者の術野がハイビジョンの鮮明な三次元(3D)画像で観察できます。

  • フットスイッチ

    フットスイッチ

    瞬間的に鉗子や3D内視鏡の切り替えができます。

ペイシェントカート

ペイシェントカート

患者さんの患部に挿入し、実際に手術操作を行う部分です。

ペイシェントカート本体は、3本の鉗子を取り付けるアーム(インストゥルメントアーム)とセンターの内視鏡カメラを取り付けるアーム(カメラアーム)からなります。
手術時は、専用の滅菌ドレープで覆います。

マスターコントローラからの指示を受 けて、患部に挿入されたアームや先端の鉗子(インストゥルメント)が動いて手術を行います。

本体の底には モータードライブを装備しており、少ない力でもカートを移動させることができます。

  • インストゥルメントアームとカメラアーム

    インストゥルメントアームとカメラアーム

    @インストゥルメントアーム(3本)

    Aカメラアーム(1本)

  • 手術時の様子

    手術時の様子

    @滅菌ドレープ

ビジョンカート

ビジョンカート

高解像度の三次元(3D)ハイビジョンシステムを搭載しています。

上部にはタッチスクリーンモニターがあり、術野が映し出されます。
術者以外の医師・看護師も術中の様子をリアルタイムで把握できます。

モニタの上部にはマイクがあり、サージョンコンソールにいる術者と音声コミュニケーションを容易に取ることができます。

タッチスクリーンモニタ

タッチスクリーンモニタでは、サージョンコンソールで操作をしている術者と同じ映像を、2Dモニタで見ることができます。

タッチスクリーンモニタ


タッチスクリーン上に指で線などを描いて、術者に視覚的な情報を伝えることもできます。