手術支援システム ダ・ヴィンチ

トップ ダ・ヴィンチとは ロボット手術のメリット 前立腺がん治療について


ダ・ヴィンチを用いたロボット手術のメリット

ロボット手術のメリット

体への負担が少なく、回復の早い手術

ダ・ヴィンチを使ったロボット支援手術は内視鏡手術の一種で、大きな切開はせず、体の数か所にだけ穴を開け、そこに内視鏡カメラや鉗子を差し込んで手術を行います。
したがって、出血量や痛みは少なく、患者さんの体への負担が少ない低侵襲手術なので、術後の回復も早いのが特徴です。

安全性より精度の高い手術が可能

従来の内視鏡手術

・震えると微細器官の剥離、縫合がうまくいかないことや、自然に逆らった動きなどの操作テクニックの習熟が必要とされる

ダヴィンチによる手術

・手ぶれや誤作動を防ぐ機能をはじめ、大きな動作で細かな操作ができる変換機能があり、微細器官の剥離や縫合などの作業精度が向上する

マスターコントロール
微細な動き(左)とマスターコントロール(右)

人間には真似できない超精密な動きを実現

ロボットアーム

「ロボット」と聞くと、機械が自動的に動いて勝手に手術を行うようにイメージされる方も多いと思いますが、実際には、医師が遠隔操作(リモートコントロール)により鉗子やメスなどの手術器具が付いたロボットアームを駆使して手術を行います。
このロボットアームは、人間の手では不可能な精密かつ可動域の広い動きを実現し、手ぶれまで制御してくれるため、非常に正確な手術を行うことができるのです。
これにより、臓器の機能温存ができる可能性も高くなります。

操作性人間の手首以上の稼働域

従来の内視鏡手術

・ 鉗子を右に動かす場合は手は左、上に動かす場合は下と反対に動かさなければならず、自然に逆らった動きが必要となる

・ 鉗子は、まっすぐで先端は回転と開閉のみ動かせる

ダヴィンチによる手術

・動かす方向が自然なため、直感的に操作ができる

・鉗子は手首を持ち、あらゆる方向に動かすことができる

深い部位までよく見える3D拡大内視鏡カメラ

モニター

ダヴィンチのモニターには三次元(3D)ハイビジョンモニターが採用されており、奥行きまでわかる立体的な映像として映し出されます。

さらにズーム機能により、体内の奥深くに位置する臓器の細かな部分まで拡大されてよく見えるので、手術の質は格段に上がります。

視 野3D画像での手術が可能

従来の内視鏡手術

・ 術者はモニター画像を見ながら手術器具を操作する

・ モニターに映しだされる視野は狭く、二次元の平面的な世界なので、距離感や遠近感に乏しい

ダヴィンチによる手術

・ モニターが三次元(3D)なので、立体的に患部が見ることができ、画像を拡大し安全に操作ができる

・ 画面のすぐ下でロボットを操作するため、手首から先が本当に腹腔内に入ったような、現実の手術に近い感覚になり、術者のストレスが軽減される