胸腔鏡下手術とは

img

胸腔鏡下手術とは、胸部の数か所に穴を開け、肋骨の間から胸腔内(胸の中)に鉗子(かんし)やカメラなどの手術器具を入れ、カメラで胸腔内を観察しながら肺の病巣を切除する手術方法です。
現在、当院の肺がん切除術の大部分はこの胸腔鏡下手術を採用しており、傷が小さく、手術後の痛みや在院日数が少ないのが特徴です。

肺がんと胸腔鏡下手術

img

当院での胸腔鏡下手術の実績は年々上がってきており、導入当初は進行度ステージ I のごく早期の肺がんに限って行われていましたが、最近ではステージ II までがその適応になっています。

肺がんは主にステージ II までが手術適応となっており、術後に病理結果を診て、ステージII以上の患者さんには化学療法(点滴)を施すことがあります。

このページ先頭へ

胸腔鏡下手術のメリット

img
術後から退院まで最短4日低侵襲な手術を実現

胸腔鏡下手術は、従来の開胸手術とは違い、傷が小さくて済むだけでなく、肋骨や胸骨、筋肉などの切開や、肋骨の間を器械を使って大きく押し広げるなどの大変な作業が不要のため、術後の痛みが少なく回復も早い手術だと言えます。

開胸手術後の退院までの術後在院日数が平均12日であるのに対して、胸腔鏡下手術の術後在院日数の平均は約7日です。
経過が良い場合最短で4日、つまり開胸手術と比べて1/3の日数で退院する患者さんもいらっしゃいます。

大切なのは、がん細胞を完全に取り除くこと

img 当院における肺がんの手術療法の内訳は、胸腔鏡下手術がその大部分を占めています。
基本的には、ステージII までの患者さんが手術療法の対象となり、そのすべての患者さん に対して、まずは胸の一部をほんの数センチ切開し、そこから胸腔鏡のカメラを入れて患部を観察することから手術は始まります。
その結果、想定外に進行していたりする場合は、開胸手術へシフトする場合もあります。

肺がんの手術治療でもっとも重要なのは、がん細胞を完全に取り除くことです。
その中で可能な限り患者さんへの負担が少ない手術方法を選択しています。
胸腔鏡下手術は、傷痕は小さく済みますが、その分開胸手術に比べて時間のかかる手術でもあります。
無駄に時間をかけることでそれが患者さんの体の負担となってしまうのであれば、開胸手術を採用すべきだと考えています。
それぞれの患者さんの状態に合わせ最適な手術を採用していきます。

このページ先頭へ

肺がん検診について

非喫煙者の方でも一度は肺がん検診を!

意外に思われるかもしれませんが、たばこをまったく吸わない、しかも、受動喫煙する環境にないにもかかわらず肺がんが発生することがあります。
「腺がん」というタイプの肺がんで、女性の肺がんの約70%を占めています。
喫煙率の低い女性にとっては、肺がんは自分とは無縁のことのように思われるかと思いますが、非喫煙者の方も、是非一度は肺がん検診を、可能であればCT健診を受診されることをおすすめします。


img