がん診療について > がん集学的治療 > 放射線治療

IMRT(強度変調放射線治療)

IMRTとは

img

IMRT(アイエムアールティー)とは、放射線の強度を変えることで、腫瘍部分に放射線を集中的に照射する治療法です。
最新のコンピューター技術により、狙った部位にのみ十分な放射線を当てることが可能となりました。

現在、当院で対象となっているのは前立腺がんのみですが、今後さまざまながんに適用されていくことが予想されます。

従来の放射線療法との違い

正常な部分は避け、腫瘍部分に強力照射

従来の放射線照射方法では、腫瘍部分のみならず周囲の正常な部分にも放射線を照射せざるを得ませんでした。
その結果、正常な部分に照射可能な放射線量には限度があるため、それに合わせて、腫瘍部分にも十分な放射線量を当てることができなかったのです。

前立腺がんを例に見てみると、前立腺は直腸の前壁を取り囲むような形をしているため、従来の照射方法で高線量を当てた場合、直腸前壁にも同程度の放射線量が照射され、その影響で直腸内膜から出血を起こしてしまっていました。
IMRTでは直腸への照射を極力避けながら、前立腺にはより高線量の放射線を照射することが可能なので、治療効果を上げるばかりでなく、こうした副作用が減ることが期待されます。

img
コンピューターによる高度な計算が鍵

この高度な技術が可能となった背景としては、コンピューターの急速な進化によるものが非常に大きいといえます。

IMRTの治療計画は、腫瘍部分ならびに照射したくない正常部分に線量制限を与えることで、コンピューターが自動でそれに合わせた照射プランを計算してくれます。
ただし、それが確かなものであるかを検証する作業は、最も大切な「安全性」のため、確実にこなしていかなければなりません。
高度な技術が発達するにつれ、複雑だからこそ検証が重要になってくるのです。
さらにIMRTを行う際には、毎回治療装置の上でCTを撮影し、計画時との臓器のズレを調節してから治療を行っています。

img

このページ先頭へ

集学的治療と放射線治療

多くの治療法の中から、患者さんご自身で治療を選択できる時代に
img

現在当院では、前立腺がんであれば、外科手術や外部放射線治療(IMRT)のほかにも、小線源治療、そしてそれらの組み合わせというさまざまな治療法を行っています。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、早期であれば治療成績は変わらないので、患者さんご自身がご自分に合った治療法を選択できるのです。
それだけ治療の幅が広くなってきたことを、多くの方に知ってもらいたいと思います。

このページ先頭へ

放射線治療装置 リニアック

img

リニアックとは、日本語の正式名称を直線加速器といい、放射線を発生させ、その放射線により、細胞を死滅させて治療を行う放射線治療装置のことです。
放射線治療で基本としていることは、「腫瘍などの患部にできるだけ線量を集中させ、それ以外の正常な部分への照射は極力避ける」ということです。それは、放射線でがんを治すことができる一方放射線には発がんなどの副作用もある「諸刃の剣」であるためです。
リニアックは非常に高性能な機械で、その分高い安全性が求められるため、ほとんどすべての動作は二重のインターロック機能が付いて安全性を確保しています。

このページ先頭へ

お問い合わせ

連絡先 〒381-8551 長野市大字富竹1333番地1
 診療予約(地域医療連携室)
TEL 026-295-1611 FAX 0120-115-295