がん診療について > がんに関する部門、設備等について

各種センター・専門外来のご案内

各種センター 専門外来

このページ先頭へ

がんセンター

※「がん治療センター」は、平成29年4月より「がんセンター」に名称を変更しました。

4つの治療分野のセンターを機能的に集約し、それぞれの治療法を組み合わせることで、より高い治療効果を生む集学的治療、ならびに患者さんやそのご家族にとって心身ともに負担の少ない治療の一層の充実を図ります。

放射線治療センター

放射線を用いた最先端の治療を広く行います。
放射線治療医だけではなく、診療放射線技師、医学物理士、看護師や他診療科の医師などが参加することによる、職種や診療科の枠を取り払った、センターとしての特徴を生かした放射線治療を目指しています。

■体制
日本医学放射線学会放射線治療専門医
医学物理士 放射線治療品質管理士
放射線治療専門放射線技師

化学療法センター

化学療法センターでは、主に抗がん剤を使う治療を入院ではなく外来通院で行います。
腫瘍内科医を含む医師やコメディカルスタッフが協力し、患者さんにとって最適な治療を行います。

■体制
日本がん治療認定医機構暫定教育医・認定医
日本がん治療認定医機構暫定教育医・認定医(歯科口腔外科)
がん専門薬剤師 がん薬物療法認定薬剤師
がん化学療法看護認定看護師

緩和ケアセンター

緩和ケアとは、がんによる心身両面の苦痛を軽減させるためのケアです。
手術療法、放射線治療、化学療法など、がん組織を取り除くための積極的な治療を行 う中で、痛みや不安など“患者さんご自身が感じられているさまざまな苦痛”を 和らげるためのケアを重視しています。

■体制
日本精神神経学会専門医
がん薬物療法認定薬剤師医 がん看護専門看護師
緩和ケア認定看護師

がん相談支援センター

「患者さんとご家族がしたい生活を支援する」ことを目的として、がん総合相談・情報提供、ストレスに対する自立支援、がんに関する地域連携支援、がん患 者さまのサポートボランティアのコーディネートを通して患者さんやご家族 のご要望やご希望に応じ、相談サービスを提供いたします。

■体制
がん看護専門看護師 緩和ケア認定看護師
傾聴療法士 精神保健福祉士
社会保険労務士

このページ先頭へ

手術センター

手術センターは外科系各科の診療を支える部門であり、安全で質の高い医療の提供を目指して、麻酔科医、看護師、臨床工学技士等が手術担当医とともにチームとして協力し合いながら日々手術を行っています。
全身麻酔の手術件数が多く、100床あたりの件数は全国でもトップクラスです。
現在、手術室8室で運用していますが、9室目を増室工事中であり平成26年度中に完成予定です。

このページ先頭へ

内視鏡・超音波センター

プライバシーとアメニティーに配慮した県下屈指の内視鏡センターであり、使用機器は最先端のものを常備しています。
消化器がんの精密検査や内視鏡治療に特に力を注いでおり、早期がんの内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)・超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)・内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)関連治療手技、カプセル内視鏡、バルーン小腸内視鏡などの先進的内視鏡分野においては県下トップレベルの症例数と治療成績を収めています。

このページ先頭へ

がん診療病棟(3階南病棟)

地域がん診療連携拠点病院の指定を受け、2008年7月8日にがん治療と緩和ケアを包括的に行い、患者さんのQOL(生活の質)を向上させる新しいスタイルの病棟として開設されました(50床)。
がん患者さんのご家族のためのレスパイト病床注)を有し、がんの化学療法・放射線治療法とがんによる痛みを中心とした症状コントロールをパラレルに実践しています。

注)レスパイト病床 : がん患者さんの介護者であるご家族の休息を目的とした病床

このページ先頭へ

健診センター・人間ドック

現在、人間ドックを受けることで全体の8割のがんを早期発見することが可能です。
ですから、がんが増えてくる年齢、男性であれば50歳、女性なら55歳を超えたら、症状がなくても定期的に健診を受けることをおすすめします。
症状がない早期のうちに発見できれば、治る確率は格段に上がり、治療による体への負担も少なくて済むのです。