当院のがん診療について

理事長・病院長 池田 宇一

がんは全人口の半数近くが一生のうち一度は罹患する疾患であり、日本人の死因第1位です。
そこで2007 年度から、がん対策を総合的、計画的に推進するための法律(がん対策基本法)が施行されました。
それに伴い、都道府県ごとに、医療機関のがん医療ネットワークづくりが進められています。
「地域がん診療連携拠点病院」は、厚生労働大臣が指定した病院で、地域のがん診療の中心となる施設です。
長野市民病院は平成19年1月に「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けています。

当院では、化学療法、放射線療法、手術、緩和ケアなどの治療を組み合わせた集学的治療を提供するとともに、患者さんの疑問や悩みなどの相談ができる“がん相談支援センター”を設置しています。
平成26年1月には、がん診療のさらなる機能強化のため「がん治療センター」を設置し、“外来化学療法センター”、“放射線治療センター”、“緩和ケアセンター”、“がん相談支援センター”の4つのセンター機能を集約しました。平成29年には「がん治療センター」を「がんセンター」に、「外来化学療法センター」を「化学療法センター」と名称変更し、がんの診断、治療に加えて、がん予防の啓発活動や研究にも力を入れて取り組んでおります。
また、医療従事者の育成や、がん医療の推進を目的とした患者さん情報の登録(がん登録)も行っています。

患者さんにとって最良のがん医療を実現するためには、医師、看護師、薬剤師、医療ソーシャルワーカー、社会保険労務士など多職種による連携、すなわち“チーム医療”が非常に重要ですが、その連携が大変よいのも当院のがん診療の強みです。