がん診療について > 当院のがん診療について

地域がん診療連携拠点病院について

地域がん診療連携拠点病院の役割

長野市民病院は、平成19年1月31日付けで、厚生労働省より「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けました。
地域がん診療連携拠点病院制度は、がん医療の均てん化(全国どこに住んでいても等しく質の高いがん医療をうけられること)を目的として創設された制度です。

地域のがん診療連携を推進する中核病院として、質の高いがん医療を提供してまいります。

T 診療体制

  1. 5大がんをはじめとするがんの集学的治療
  2. 緩和ケアの提供
  3. 病病連携・病診連携
  4. セカンドオピニオン機能
  5. キャンサーボード

U 研修体制

  1. 厚生労働省のプログラムに準拠した緩和ケアに関する研修会の実施
  2. 二次医療圏においてがん医療に携わる医師等を対象とした研修の実施

V 情報の提供収集体制

  1. 相談支援センター
  2. がん登録

がん診療連携拠点病院指定通知書 クリックで拡大します

このページ先頭へ

地域がん診療連携拠点病院としての体制

当院は、平成26年1月より新たに「がん治療センター」を組織し、平成29年4月より「がんセンター」に改称しました。
これは、4つの治療分野のセンターを機能的に集約することにより、院内横断的な治療体制が強化され、より高い治療効果を生む集学的治療、ならびに患者さんやご家族にとって心身ともに負担の少ない治療の充実を目指したものです。

がん治療診療体制

このページ先頭へ

長野県がん診療連携協議会について

「長野県がん診療連携協議会」は、長野県の地域がん診療連携拠点病院間で連携・協力し、長野県全体のがん診療水準の均てん化を図るために設置されたものです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

長野県がん診療連携協議会
長野県がん診療連携協議会(外部リンク)