部門紹介 > 診療部

放射線診断科

当科の特徴および診療内容

放射線診断科は、X線CTやMRIなどの読影や、画像検査を応用した低侵襲治療を行っています。

画像診断は、各診療科から依頼されるCT・MRIや核医学検査について、撮像プロトコールの指示から、撮像された画像の読影・報告書の作成を行うことにより、依頼科への診療支援を行っています。
IVRは特に腹部領域の動脈塞栓術を中心に、様々な手技を関連各科との協力の下に施行しています。

〜 IVR(インターベンショナル・ラジオロジー)とは 〜

超音波、X線透視、CT、血管造影などの画像診断機器を利用して、病変を画像で観察しながら体表から針やカテーテルを使って行う低侵襲な治療・診断手技の総称。
血管造影を利用したものは、特に「血管内治療」とも呼ばれる。

このページ先頭へ

診療スタッフ

今井 迅(いまい しゅん)

昭和59年卒

役 職 放射線診断科部長
資 格 日本医学放射線学会放射線診断専門医・臨床研修指導者
専門分野 画像診断
インターベンショナル・ラジオロジー

松下 剛 (まつした つよし)

平成10年卒

役 職 放射線診断科副部長
資 格 日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本核医学会専門医・PET認定医
日本IVR学会専門医
専門分野 画像診断

このページ先頭へ

治療実績

主な対象疾患

血管系IVRの例
動脈塞栓術(肝臓がん・転移性肝がんなど)
動注化学療法(子宮がんなど)
肝動注リザーバー・システム留置
経皮的止血術(外傷・腫瘍出血・術後出血・消化管出血・喀血など)
内蔵動脈瘤塞栓術(肝・脾・腎など)
血管奇形塞栓術(腎動静脈奇形・肺動静脈瘻など)
門脈圧亢進症治療(BRTO・PTO・PSE・門脈ステント)
経皮経肝門脈塞栓術
経皮的静脈採血(副腎静脈・門脈)
血管内異物除去術
血栓溶解・血管形成術(上腸間膜動脈・腎・四肢)
非血管系IVRの例
経皮的ドレナージ(胆嚢・胆管・膿瘍など)
経皮的胆管ステント留置術
経皮的穿刺生検
CTガイド下肺VATSマーカー留置
その他