病院指標

平成28年度 長野市民病院 病院指標

こちらの病院指標は、平成28年度(2016年4月1日〜2017年3月31日)中に、当院を退院した患者さんのデータを基に作成しております。
ただし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費、24時間以内の死亡、新規高額薬剤使用の患者さんデータは含まれません。

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
定義

2016年度退院患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。

年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 276 256 190 389 768 1,047 2,183 2,442 2,003 657
当院の入院患者さんは、60歳以上の占める割合が全体の71%、80歳以上が26%と、高齢の患者さんが多く占めています。比較的若い世代である40歳代以下は18%です。
また、50歳代の退院患者数に比べ、団塊世代が含まれる60歳代の退院患者数は2倍以上多くなっています。
年代別の主な疾患は、40歳以下では肺炎や急性胃腸炎、虫垂炎などであり、60歳以上では肺炎(誤嚥性肺炎)、肺の悪性腫瘍、80歳以上では誤嚥性肺炎に加え大腿骨近位部骨折や脳梗塞などです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 99 7.47 11.06 3.03% 75.55
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 87 5.77 9.02 0% 76.05
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 66 16.79 21.25 12.12% 87.71
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 63 10.71 12.43 0% 81.37
060060xx97100x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 45 12.36 16.26 8.89% 81.18
消化管および膵胆道疾患の診断と治療を幅広く行っています。特に胃、大腸の内視鏡診断・治療、消化器がんの化学療法、炎症腸疾患の診断と治療を重点的に行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 153 27.05 27.63 37.91% 83.12
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 59 3.78 5.49 0% 52.71
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼 手術あり 定義副傷病 なし 44 3.23 4.37 0% 37.09
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 41 23.05 20.57 24.39% 73.56
160610xx97xxxx 四肢筋腱損傷 その他の手術あり 37 5.14 10.04 0% 52.27
地域性や高齢化の影響もあり、多くの大腿骨近位部骨折患者を治療しています。早期社会復帰と合併症予防のため、早期手術および術後の早期離床と早期リハビリテーションを積極的に取り入れています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 77 5.48 7.61 0% 63.51
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 75 14.15 15.92 2.67% 68.83
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 50 9.60 9.08 2.00% 69.04
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 47 7.57 9.82 0% 67.60
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 43 15.49 17.65 0% 70.44
豊富な経験に基づいた腹腔鏡下手術が治療の柱になっています。胆嚢のほか、結腸、食道、胃、直腸といった消化器の悪性腫瘍の腹腔鏡下手術を多く実施しています。近年では胃がんに対するロボット手術も行なっています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 161 13.73 12.35 0.62% 67.95
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 68 19.04 21.25 16.18% 85.51
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 9あり 48 11.48 10.76 0% 61.77
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 43 27.74 19.92 6.98% 70.26
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 5あり 41 18.88 19.24 0% 62.88
肺がんの早期診断と集学的治療に特に重点を置いています。また、チームで対処しなければならない重症呼吸器疾患の患者を積極的に受け入れ、対応しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 130 6.75 7.44 0% 74.35
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 130 10.52 13.39 0% 67.65
110080xx9906xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 6あり 67 4.00 4.27 0% 68.64
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 65 6.71 11.71 0% 72.49
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 58 6.84 11.72 0% 65.41
前立腺がん、膀胱がん、腎盂がん、尿管がん、腎がんの治療に力をいれており、手術や化学療法、放射線療法などで集学的治療を行っています。また、ロボットを用いた手術も多く行なっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 139 3.14 3.06 2.16% 70.18
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 66 19.62 17.95 4.55% 85.27
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 57 5.16 4.71 0% 71.11
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 34 4.79 5.51 0% 61.65
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 33 14.82 13.02 0% 68.82
虚血性心疾患や心不全などの緊急疾患に対応しています。心房細動に対するアブレーション治療がスタートし、また閉塞性動脈硬化症など末梢動脈疾患に対する血管内治療も充実させています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 71 5.89 6.42 0% 45.21
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 64 5.63 5.12 0% 61.38
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 52 11.63 13.29 1.92% 58.50
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 47 8.21 10.05 0% 43.02
12002xxx99x30x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 35 27.71 20.81 0% 65.34
婦人科悪性腫瘍の治療と腹腔鏡手術、不妊症の治療に力を入れています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 39 16.54 16.54 33.33% 66.69
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 32 2.09 3.20 0% 65.25
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 13.24 9.87 6.90% 76.62
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 18.88 19.35 45.83% 68.96
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 4.33 7.52 0% 64.13
脳神経外科治療および脳血管内治療が24時間対応可能で、脳卒中ケアユニットを併設する“包括的脳卒中センター”として治療を行っています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 57 3.49 5.24 0% 71.74
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 2.21 7.52 0% 50.32
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 3.73 9.87 0% 78.14
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 3.47 3.64 0% 59.35
010290xxxxxxxx 自律神経系の障害 15 1.93 5.58 0% 73.87
「24時間、365日、救急の患者さんを断らない」という基本姿勢の下に運営しています。軽症から重症までさまざまな疾患の救急診療を専門の救急科医師が対応しています。
呼吸器外科/乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 101 10.52 12.73 0% 69.96
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 79 10.28 10.30 0% 58.81
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 79 5.30 6.59 0% 56.90
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 42 9.43 11.57 0% 56.55
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 7.23 10.09 4.55% 34.82
呼吸器外科は、原発性肺がんを中心に、転移性肺腫瘍、自然気胸、縦隔腫瘍などの呼吸器疾患の手術を取り扱っています。
乳腺外科では、乳がんに対する手術療法として乳房切除術と乳房温存術を実施しています。乳房切除が避けられない場合には、形成外科の協力で同時乳房再建術を実施しています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 49 15.06 16.54 22.45% 73.76
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 27 6.15 7.12 0% 58.56
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 26 22.35 21.25 15.38% 83.58
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2 なし 14 4.71 6.38 0% 72.00
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 13 13.62 16.73 30.77% 75.85
認知症、頭痛、歩行障害、しびれ、ふるえなど広く神経症状のある患者を対象としています。また、脳卒中ケアユニットを中心に脳卒中の患者の診療を行っています。
内分泌・代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 51 8.94 14.61 0% 58.75
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 18 9.78 14.91 0% 65.11
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 15 6.67 11.48 0% 55.00
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 3.57 6.12 0% 47.43
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 12 8.75 12.43 0% 79.83
糖尿病の教育入院を積極的に行っています。看護師、管理栄養士、理学療法士、薬剤師、糖尿病療養指導士と協力して、食事療法、運動療法、薬剤療法の指導を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 45 4.36 5.79 0% 3.64
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 25 4.60 6.02 0% 1.40
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 24 3.21 5.50 0% 6.08
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 4.87 6.42 0% 3.65
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2 なし 23 3.00 3.95 0% 2.35
当院には産科がありません。従って、新生児期(生後1ヵ月まで)を除く乳幼児、学童〜中学生までを対象として診療を行っています。
発達障害や摂食障害をはじめとする心身症にも積極的に取り組んでいます。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 32 5.53 5.50 0% 41.31
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 32 7.06 7.47 0% 51.28
030428xxxxxxxx 突発性難聴 31 9.00 9.37 0% 57.19
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 16 7.44 7.75 0% 59.31
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 11 7.73 8.12 0% 26.27
全身麻酔にて内視鏡下副鼻腔手術を多く実施しています。突発性難聴に効果的といわれる高気圧酸素療法も実施しています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 20.00 21.25 12.50% 85.50
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 2.50 8.87 0% 67.69
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 19.90 12.84 0% 81.50
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし - - 7.58 - -
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし - - 22.67 - -
検尿異常に対する精密検査から末期腎不全に対する血液浄化療法まで、腎臓病の総合的な診療を目指しています。
腎不全患者が細菌感染を起こすと容易に全身状態が悪くなるため、当科にて治療および全身管理をします。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 22 2.00 3.44 0% 65.00
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 18 10.61 8.78 0% 77.06
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 13 5.62 5.94 0% 50.69
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし 10 5.20 5.11 0% 60.90
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 5.80 - -
体表の外傷(切創、挫創、熱傷、顔面骨骨折など)および腫瘍(皮膚、皮下の良性および悪性腫瘍)、先天異常(眼瞼下垂、耳介奇形、漏斗胸、臍ヘルニアなど)に対して外科治療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 132 26 11 44 - 68 1 7
大腸癌 74 33 42 48 - 53 1 7
乳癌 121 53 - - 24 1 7
肺癌 79 26 63 136 - 190 1 7
肝癌 - - - - - 28 1 7
※ 1:UICC TNM分類 ,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者数を、初発のUICC病期分類別、および再発に分けて集計しました。UICC病期分類とは、UICC病期分類国際対がん連合によって定められた、@原発巣の大きさと進展度(T)、A所属リンパ節への転移(N)、B遠隔転移の有無(M)の3つのカテゴリによって早期から末期までの4病期(ステージ)に分類するものです。退院患者の延べ数を計上していますので、同一患者が入退院を繰り返した場合もそれぞれカウントされています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 36 9.94 58.44
中等症 144 13.49 79.40
重症 43 16.58 87.67
超重症 19 14.37 84.53
不明
市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことです。
高齢の患者さんは重症度が高く、入院日数も長期化します。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 15 4.67 70.60 0%
その他 - - - -
G46 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63 脳梗塞 3日以内 282 20.05 77.28 33.22%
その他 16 12.63 69.50 1.34%
I65 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 11 5.18 74.00 0%
I66 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
2015年5月から、「脳卒中センター」を立ち上げ、脳卒中治療の質向上を図る目的で組織横断的なチーム医療の体制強化を行っています。
脳卒中ケアユニット(SCU)を中心に、24時間365日脳神経外科医又は神経内科医が病院に常駐する体制で、専門スタッフがケアやリハビリを担当しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 157 1.97 20.62 31.85% 77.47
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 106 1.13 6.30 3.77% 59.42
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 56 2.86 25.25 30.36% 84.36
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 等 52 1.04 7.69 3.85% 50.13
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 等 38 0.47 1.74 0% 42.55
比較的軽い外傷から血行障害のあるような重症な四肢外傷に対応しています。今まで培ってきた四肢の機能障害に対する再建術にとどまらず、骨折患者までを広く受け入れる「四肢外傷・機能再建センター」を2012年度に立ち上げて、重症な四肢外傷患者にも積極的に対応しています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 219 0.08 1.08 0% 64.67
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 105 1.12 7.60 6.67% 76.84
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 86 0.69 4.10 0% 75.91
K654 内視鏡的消化管止血術 47 0.47 5.49 2.13% 72.87
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 45 0.51 3.13 0% 69.13
内視鏡関連では、ポリペクトミー、EMR、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、止血術、胃瘻造設術、総胆管結石除去、内視鏡的胆道ドレナージ、超音波内視鏡(EUS)、超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)、小腸疾患に対するカプセル内視鏡やシングルバルーン内視鏡など、ほぼすべての内視鏡検査と内視鏡治療が可能です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 117 0.75 2.51 0% 67.89
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 79 1.16 3.82 0% 63.49
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 77 3.09 10.39 2.60% 69.57
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 41 0.76 2.68 0% 34.56
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 30 3.10 18.23 0% 65.43
2009年5月より、従来の腹腔鏡より整容性に優れる単孔式手術を、胆石やヘルニアなどの良性疾患を中心に開始しました。悪性腫瘍では、大腸がんの他に、食道、胃がんも腹腔鏡手術を多く行っています。また、2016年9月より胃がんに対するロボット補助下(ダ・ヴィンチ)手術を開始しました。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 134 1.50 4.78 0% 74.07
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 127 1.13 8.41 0% 67.52
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 29 1.83 8.69 0% 72.07
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 28 1.00 5.04 0% 73.79
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 20 0.35 4.95 0% 71.65
2013年4月より前立腺がんのロボット支援手術(ダ・ヴィンチ)を開始し、近年は年間100件以上実施しています。 2016年10月より腎がんの部分切除術もロボット支援にて実施しています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 100 0.97 4.15 0% 44.08
K867 子宮頸部(腟部)切除術 63 0.00 1.43 0% 41.25
K879 子宮悪性腫瘍手術 41 1.78 14.02 2.44% 56.37
K877 子宮全摘術 40 1.00 6.48 0% 47.23
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 38 1.00 5.74 0% 48.05
婦人科悪性腫瘍の治療と腹腔鏡手術と不妊症の治療に力を入れています。子宮頸がんの治療では、その進行度によって、レーザー焼灼、円錐切除、腹腔鏡下子宮全摘、開腹子宮単純全摘、広汎子宮全摘、同時抗がん剤放射線併用療法とさまざまな治療法があり、これら全ての治療が行える設備を有しています。
呼吸器外科/乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 79 1.00 3.30 0% 56.90
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 66 1.00 7.18 0% 61.71
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 55 1.58 9.56 0% 69.60
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 26 1.00 7.50 0% 56.85
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 23 1.78 4.52 4.35% 35.17
乳腺領域の対象のほとんどが乳がんです。術式でみると、乳房温存術と乳房切除術がそれぞれ50%で、近年は切除術が増加傾向にあります。乳房温存術を選択できない場合に、希望があれば乳房切除と同時に形成外科の協力で乳房再建術を行います。腋窩リンパ節に明らかな転移がない限り、センチネルリンパ節生検を行っています。腋窩リンパ節郭清を省略できると、入院期間が短縮でき、さらに患肢のリンパ浮腫が避けられ、痛みやしびれが軽減するメリットがあります。
呼吸器領域は主に原発性肺がんや自然気胸の手術を扱い、胸腔鏡手術(VATS)が主流です。原発性肺がんは、院内の呼吸器カンファレンス(呼吸器内科、放射線科と合同)で手術適応と判断した症例に対して手術を行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 55 2.87 3.62 1.82% 73.16
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 32 0.06 15.03 3.13% 70.81
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 23 1.91 2.17 0% 62.70
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 19 5.16 10.47 0% 79.68
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 15 2.07 3.07 0% 73.07
2016年5月に心臓血管センターを開設し、より高度で専門的な医療を提供できる体制を構築しました。救急症例には24時間365日対応し、急性心筋梗塞に対してはチーム医療による迅速な冠動脈インターベンション(PCI)を行っています。
最新の冠動脈CTを導入し、安定した虚血性心疾患に対する低侵襲で高精度な診断を行うことも可能になりました。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 36 0.08 12.25 13.89% 77.44
K1781 脳血管内手術(1箇所) 36 0.89 20.14 22.22% 65.75
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 23 0.52 37.70 86.96% 71.39
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 20 2.35 28.15 10.00% 63.65
K178-4 経皮的脳血栓回収術 15 0.40 23.53 53.33% 76.80
慢性硬膜下血腫に対する緊急穿頭血腫除去術を迅速に行える体制を整えています。脳梗塞に対する血栓回収術、くも膜下出血へのコイル塞栓術も数多く実施しています。
脳腫瘍(下垂体腫瘍、髄膜腫、聴神経腫瘍等)に対しては後遺障害を残さない摘出術をモットーに取り組んでいます。下垂体腫瘍に対しては、より低侵襲な内視鏡下手術を行っています。神経膠腫などの脳腫瘍では、術中神経生理モニタリングやナビゲーションシステム、術中蛍光染色法を用いた摘出術・放射線療法(通常照射や定位放射線療法)・化学療法を組み合わせて治療を行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 153 0.01 2.02 0% 78.36
K270 虹彩光凝固術 - - - - -
- -
- -
- -
常勤医1名で診療にあたっています。入院治療は白内障手術が中心です。手術当日に入院していただき、術後2日目に退院しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 21 0.00 1.00 0% 66.86
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 18 0.44 9.00 0% 78.06
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 等 14 0.36 4.43 0% 51.36
K0021 デブリードマン(100cm2未満) - - - - -
K804 尿膜管摘出術 - - - - -
皮膚・皮下腫瘍切除術は年間200例を超えています。その全てを手術室で行うことは不可能なため、外来手術の可能なものは、外来診察室内に設けてある外来処置室にて行っています。
また、広範囲な外傷や悪性腫瘍切除術後では、各種組織移植を駆使した再建手術を行っています。特に、頭頸部や乳房の再建においては関係各科との密接な連携のもと、診療を行っています。
耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 25 1.24 5.24 0% 50.60
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 14 1.36 5.14 0% 62.00
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 14 1.57 5.71 0% 29.07
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) 10 1.10 5.10 0% 63.20
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡) - - - - -
周辺地域で常勤医のいる病院が限られているため、一般耳鼻咽喉科すべての疾患を対象とした診療を行っています。手術件数は年間約120件であり、うち全身麻酔が84%を占めます。内容は慢性副鼻腔炎や扁桃炎に対する手術が多く、全例全身麻酔手術です。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 25 5.16 16.04 8.00% 69.12
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 18 2.06 2.28 5.56% 69.28
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K5223 食道狭窄拡張術(拡張用バルーン) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
25件の内シャント造設術を施行し、18件の内シャント血管形成術を施行しました。また、通常の血液透析だけでなく多様な疾患に対して、持続血液濾過透析や各種アフェレシス(血漿交換、エンドトキシン吸着、白血球除去療法など)を施行しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 31 0.30%
異なる 12 0.12%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 72 0.71%
異なる - -
手術や処置を行う場合、合併症が発症しないように注意しながら治療・ケアを実施しています。合併の危険性について術前に説明し、同意を得た上で治療にあたります。
発症してしまった合併症には迅速かつ適正に対応していきます。
手術・処置等の合併症の内訳としては、透析シャント狭窄・閉塞(T828)、後出血(T810)、術後穿孔(T818)、縫合不全(T813)、術後感染症(T814)などの疾患があります。
更新履歴
2017/09/30
機能評価係数Uの保険診療指数における「病院情報(平成28年度)」を公開しました。
2016/09/30
機能評価係数Uの保険診療指数における「病院情報(平成27年度)」を公開しました。