病院からのお知らせ

長野県内初となる「救急ワークステーション」の試行運用を開始しました

qq_car.jpg

当院は、平成29年9月1日より長野市消防局と協同した「救急ワークステーション」の試行運用を開始しました(長野県内初)。
これにより、救急隊員の資質向上が図られ、医師同乗による救急車出動も可能となります。

救急ワークステーションとは・・・

消防署ではなく 病院 に 救急車を配置し、救急隊員は病院実習を受けながら、救急要請があれば 病院から 出動する「体制」をいいます。
病院と消防署が連携することにより、直接医師や看護師から指導を受けることができ、救急隊員の知識・技術向上により救命率の向上や後遺症の軽減が図られます。

  •  柳原分署の救急隊員3名と救急車を9時から17時までの間で長野市民病院へ派遣、隊員は病院実習を受けながら待機します。
  •  待機中に出動要請がかかれば、必要に応じて医師等も同乗し病院から救急現場に出動します。
qqWS.jpg


救急ワークステーション試行運用開始式、病院実習の様子

開始式では、長野市消防局関係者出席のもと、研修する救急隊員に白衣の貸与を行いました。

QQ290901-1.jpg QQ290901-2.jpg QQ290901-3.jpg QQ290901-4.jpg