病院からのお知らせ

脳卒中の後遺症「手足のつっぱり(痙縮)」に有効なボツリヌス療法を始めました

脳卒中の後遺症でよくみられる運動障害の1つに痙縮(けいしゅく)と言う症状があります。
長野市民病院ではこの痙縮の症状の改善に有効なボツリヌス療法を始めました。

ボツリヌス療法とは…
ボツリヌス菌が作り出すたんぱく質を(ボトックス)を筋肉内注射する治療法です。
痙縮の症状が発症して長く経過していても、手足の筋肉がやわらかくなり、リハビリがしやすくなるなどの治療効果を期待できます。

お問い合わせ:長野市民病院 第2外来受付
※受診には紹介状と予約が必要となります。まずはお問い合わせください。

詳しくはこちらからご覧ください

botox.jpg