研修医のページ

小布施見に(ミニ)マラソンに救護スタッフとして協力しました

kensyui_o_ichinose.jpg 研修医
一之瀬 修(いちのせ おさむ)
(29年度1年)
研修医1年目の一之瀬修です!

7月16日に行われた第15回小布施見にマラソンは、「土手を行く 野道を駆ける 路地を走る」というコンセプトでコースをめぐりながら、小布施の町の人とランナーの皆さん、ボランティアの縁をつなぐ「縁走=えんそう」を楽しむという見に(ミニ)マラソンです。

この度、長野市民病院の研修医はこの小布施見にマラソンに救護スタッフとして参加させていただきました。私たちはコース上の救護所で待機し、同じく長野市民病院から派遣された看護師さん達と共に傷病者の救護にあたりました。
足に痛みを訴える方や熱中症を疑われるような方達に対して、問診、診察を行い、トリアージおよび応急手当をさせていただきました。
ランナーの方達は全国から集ってきており、また様々なコスチュームを着たランナーもおり、楽しく応援しながらこのイベントに参加させていただくことができました。

院外で医師として働くことは初めての経験であり、医療従事者としての責務を改めて感じる場にもなりました。
この仕事を通して沢山の市民の方達と触れ合えたことに感謝しています。
ありがとうございました!

290716_blog01.jpg 290716_blog03.jpg


inc.gif

平成22年より研修医によるブログ「研修医のページ」を始めました。
研修医紹介や発表会の様子、また、私たちが今感じていることを、お伝えするページです。
ぜひ、ご覧ください。