研修医のページ

救急の日のイベントがありました

kensyui_k_nishikawa.jpg 研修医
西川 賢(にしかわ けん)
(29年度2年)


研修医2年目の西川賢です。
9月9日は「救急の日」でした。
救急の日は、救急医療関係者の意識を高めるとともに、救急医療や救急業務に対する国民の正しい理解と認識を深めることを目的として、昭和57年に定められたものだそうです。
今回、当院では9月8日に救急の日のイベント(AED講習会)を行いました。

思い出してみると、8月の中旬ごろだったでしょうか。
いきなり救急科部長から電話があり、「西川君、9月8日暇かな?君が今回っている循環器内科の先生には僕から伝えておくから、救急の日のイベントに出てね。」と伝えられ、快諾を迫られました。
その結果、この日のイベントで若手医師代表として話すことになりました。
救急科部長の「簡単で大丈夫だよ。」という言葉を信じ、話すことをほとんど考えずにいました。
その結果、緊張して30秒くらいしか話せず、直前に考えたことはすべて吹っ飛んでしまいました。
あとで患者さんに教えてもらったところ、緊張している姿がテレビにさらされてしまったようです。

イベント自体は順調に進行し、AEDの使い方や胸骨圧迫を教えることができました。
イベントの最後に救急科部長が締めの言葉を伝えていましたが、部長の言葉は非常にキャッチーな内容で、その場にいた全員が聞き入っていました。
このように市民の皆さまに救急医療の大切さが啓蒙されるのだと改めて感じました。

これからも精一杯頑張って研修を続けていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

290908_blog01.jpg 290908_blog02.jpg 290908_blog03.jpg 290908_blog04.jpg
inc.gif

平成22年より研修医によるブログ「研修医のページ」を始めました。
研修医紹介や発表会の様子、また、私たちが今感じていることを、お伝えするページです。
ぜひ、ご覧ください。