研修医のページ

地域医療研修を終えて

kensyui_n_sakaguchi.jpg 研修医
坂口 典子(さかぐち のりこ)
(29年度2年)


小布施町にある新生病院で地域医療研修をさせていただきました。
訪問診療への同行や、病棟実習、レクチャーなどを通して地域医療や緩和ケアについて学びました。

訪問診療では、先生やスタッフの方が診察だけでなく、季節のこと、地域ごとの特産物や行事の話をしている暖かいやりとりに、患者さんやご家族にとても信頼されていていることが伝わってきて、心が和むひとときでした。
また、急性期病院を退院した後の医療について別の視点からみる機会にもなりました。

病棟では、患者さんと椅子に座り、窓の景色を見ながらゆっくりとお話をする時間をいただきました。
若い頃の趣味や、今好きなこと、奥さんや旦那さんとの馴れ初め、お子さんやお孫さんの話、今気がかりにしていることや後悔していることなど、その人その人の人生観に触れる機会となりました。
その時間を通して、相手の方をより知れて、また自分自身や家族についても改めて思い直すことも多くありました。
話を聴くことに心おきなく時間を割けるのは学生実習のとき以来だったので、とても心に残る時間となり、今後も忙しい中でもそのような時間を大事にしていきたいと感じました。

残りの研修生活も気を引き締めて励んでいきたいと思います。

291101_blog01.jpg
inc.gif

平成22年より研修医によるブログ「研修医のページ」を始めました。
研修医紹介や発表会の様子、また、私たちが今感じていることを、お伝えするページです。
ぜひ、ご覧ください。