長野市民病院

ページのトップへ

主な疾患と診療内容―呼吸器内科Respiratory medicine

主な疾患と診療内容

呼吸器症状を有する肺の病気の方や健診で胸部異常陰影を指摘された方などに、質の高い 専門的医療を提供する診療科です。

主にこのような方を診ています

  • 咳、痰
  • 息切れ
  • 呼吸困難
  • 胸痛
  • 胸部X線・CT異常
  • 痰に血が混じる
  • 日中の眠気

呼吸器内科の対象となる疾患は、がん、肺炎や結核などの感染症、喫煙との関連が深い慢性閉塞性肺疾患(COPD)、原因不明のものや膠原病などに伴う間質性肺炎、アレルギーの関与する喘息、良質の睡眠が得られなくなる睡眠時無呼吸症候群など、多岐にわたることが特徴です。

患者さんは、他の医療機関からの精査・加療目的の紹介や、当院救急外来を受診した方がほとんどです。大多数の方は既に何らかの検査や治療を受けており、正確な診断や適切な治療に至るまでの道のりは決して容易なものではありません。まずは詳細な病歴聴取の上、丁寧な全身の診察を行います。次に、必要と考えられる検査を進めて行きますが、まずはからだに負担の少ないものから行います。血液や痰の検査、呼吸機能検査、心電図、胸部X線検査などです。そこで異常が認められれば、さらに次のステップとして胸部CT、MRI、PET検査などを行います。そして、がんが疑われる方には気管支内視鏡検査を、睡眠時無呼吸症候群が疑われる方には1泊入院の上、終夜睡眠検査を行って確定診断を下します。

診断や治療に関しては、入院患者さんは全例、また外来通院の方でも診断や治療に難渋する症例は呼吸器内科全員で相談しながら検査や治療方針を立てています。また、特に肺がんの患者さんに関しては、呼吸器内科だけではなく、呼吸器外科や放射線治療科との検討会を通して、迅速かつ最善の治療が提供できるよう心掛けています。