長野市民病院

ページのトップへ

臨床研修・後期研修

臨床研修・後期研修のお知らせ

臨床研修センター Instagram

長野市民病院 臨床研修センターでは、研修医の日々を多くの方に見ていただくため、
「インスタグラム」を始めました。
研修医が診療に励む姿を始めオフショットも交えながら、研修医の働く現場を感じていただける投稿をお届けしたいと思っています。
下記リンクもしくはQRコードより長野市民病院 臨床研修センターのインスタグラムへアクセスできます。

メッセージ

理事長・病院長からのメッセージ

長野市民病院は、平成7年に開院した比較的新しい病院で、「がん診療」、「救急医療」、「脳・心臓・血管診療」を主軸に、急性期高度医療を提供する地域の中核病院です。

ベット数400床、33診療科の中規模病院ですが、風通しのよい職場のため、職員満足度が高く、また施設が新しく、アメニティーへの配慮も行き届いていることから、患者満足度も高い病院です。
そして、確かな技術と熱意を併せ持つ指導医の下、多くの臨床経験を積むことができるため、研修医からの評判も良好です。

当院は、研修医が患者さんの命を預かるにふさわしい医師となるように、これからも研修内容を充実させていきます。
皆さんが当院の研修プログラムに参加されることを心よりお待ちしています。

長野市民病院 理事長・病院長
池田 宇一

プログラム責任者からのメッセージ

長野市の市民病院として地域に根ざし、かつ高度な医療を担う当院は、経験できる患者数が多く、医師としてキャリアをスタートさせるには打って付けです。

また、選択の診療科・時期・期間の自由度が大きい、オールインワン型医局に全診療科の医師が集まり科間の垣根が低い、全ての職種のスタッフに研修医を育てる意識が浸透している、周辺の協力施設でもそれぞれユニークでおもしろい研修ができる、などは当院のプログラムの特徴です。

夢と意欲を持って研修に来てください。

長野市民病院 プログラム責任者
山本 寛二

臨床研修・後期研修 メニュー