研修医のページ

オアシスの会の定例会に参加しました

研修医 白井 エリオ(26年度1年)

2014年12月23日にオアシスの会の定例会に参加しました。

オアシスの会は人工肛門や人工膀胱を持つ患者さんの会です。
今回参加した定例会では、日ごろの生活の中で困っていることや工夫していることなどを、6〜7名程度のグループに分かれてお互いに情報交換する場となっておりました。
自分が参加したグループには、人工肛門を付けてから数か月の方から10年以上も使用されている方まで様々でした。
普段から念のためカバンの中に予備の袋や洗浄剤などを持ち歩いている方や、枕元に1週間分用意してある方や、特別な準備はしていない方など様々でしたが、それぞれに様々な工夫をされてました。

定例会の後半ではオカリナ演奏、研修医の合唱、ピアノ伴奏での合唱といった余興が催されました。
普段あまり歌に慣れていない研修医の拙い合唱でしたが、皆さまから温かい拍手を頂きました。
また、最後のピアノ伴奏での合唱ではオアシスの会のテーマソングを作曲されており、ピアノに合わせて全員で合唱しました。
皆さま大変この曲が気に入った様子で、何度もリクエストされて合唱しました。

今回の定例会に参加することで、オアシスの会に参加されている方々の日常での苦労や工夫を知ることができました。
また、定例会に参加して楽しい時間を過ごすことができてよかったと思います。

261223oasis-2.jpg


inc.gif

平成22年より研修医によるブログ「研修医のページ」を始めました。
研修医紹介や発表会の様子、また、私たちが今感じていることを、お伝えするページです。
ぜひ、ご覧ください。