長野市民病院

ページのトップへ

2016年度

臨床能力評価試験を受けました

先日、臨床能力評価試験を受けました。
これは研修医の客観的な臨床能力の実力を知ることにより、今後の研修に役立てるための試験になります。100問を3時間で解くという過酷な試験です。

実際解いてみると、自分の知識の中途半端さが露呈するものの、この2年間で経験した症例を思い出しながら解くことが出来ました。
また、100問中20問は問題文から選択肢まで全て英語であり、日頃から英語に慣れ親しんでおくことの大切さを痛感しました。じつは、今後の留学等に備えて英語の参考書を2ヵ月程前に購入したのですが、いまだ数ページしか進んでいません.....。

昨年よりは理解して解いた問題が多かったため、自分の進歩を多少なりとも感じました。
試験の結果を真摯に受け止め、これからの診療に活かしていきます。

nouryokuhyoukashiken-1.jpg nouryokuhyoukashiken-2.jpg


inc.gif

平成22年より研修医によるブログ「研修医のページ」を始めました。
研修医紹介や発表会の様子、また、私たちが今感じていることを、お伝えするページです。
ぜひ、ご覧ください。

研修医のページ一覧