長野市民病院

ページのトップへ

研修医のページTrainee doctor

長野市民病院研修医・後期研修医のホームページです

  • 研修医 写真1
  • 研修医 写真2
  • 研修医 写真3
  • 研修医 写真4
私たち研修医のあゆみを、私たちが中心となって発信するページです。 研修医紹介や発表会の様子、また、私たちが今感じていることをお伝えしていきます。

ぜひご覧ください。

研修医2年目を迎えるにあたり

研修医 池田佳央 研修医
池田 佳央(いけだ よしひろ)
(30年度1年)

 

昨年の4月より、長野市民病院で研修をさせていただき、早くも1年が経ちます。
入職したばかりの頃は、分からないことが多く、周囲のスタッフの方々に支えられながら一人一人の患者さんに対応していた歯科研修の日々が思い出されます。

多くの先生方やスタッフの方々には基本的なことから丁寧にご指導いただいたおかげで、新しいことを覚えるのに必死になりながらも1年間、研修を進めることができました。

日々、お世話になっている先生方、同期研修医、メディカルスタッフ、看護師、事務職員の方々、そして何より、周囲に支えられながらの診療でありながらも笑顔を見せてくださった多くの患者さんにこの場をお借りして深謝申し上げます。

歯科医師としてさらにステップアップできるよう、今後ともご指導ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。

190331_blog01.jpg

平成22年より研修医によるブログ「研修医のページ」を始めました。
研修医紹介や発表会の様子、また、私たちが今感じていることを、お伝えするページです。
ぜひ、ご覧ください。

信州大学医学部の学生さんと食事に行ってきました

kensyui_s_kitano.jpg修医
北野 志歩(きたの しほ)
(30年度1年)

 

初期研修医1年目の北野志歩です。

先日、信州大学医学部5年生の学生さんたちと親睦を深めるため、食事に行ってきました。
当院では毎月5人程度の学生が実習に参加しており、担当の先生と一緒に患者さんの診察や治療の見学を中心に実習を行なっています。
5年生はちょうど、研修を行う病院に悩んでいる時期でもあります。
そのため、実習のことだけでなく、当院での研修内容、来年度の国家試験に向けての勉強、学生生活のことなど、おいしい焼肉を食べながら、幅広い話題で交流することができました。
なかなか日中は交流する機会は少なかったのですが、このような会を通して少しでも参考になるお話しができていれば幸いです。

研修期間もそろそろ1年が経とうとしています。
残りの研修医期間も充実して過ごせるよう励んでいきたいと思います。310213_blog01.jpg

平成22年より研修医によるブログ「研修医のページ」を始めました。
研修医紹介や発表会の様子、また、私たちが今感じていることを、お伝えするページです。
ぜひ、ご覧ください。

日本糖尿病学会の地方会での発表を終えて

kensyui_y_asano_2018.jpg研修医
淺野 有紀(あさの ゆき)
(30年度2年)

 

1月26日、パシフィコ横浜で糖尿病学会が開催されました。
昨年の10月頃に西井先生に「発表してみる?」と提案され、同じく2年目研修医の宮本先生と一緒に発表の機会を与えていただきました。

会場の規模が大きく、更に多職種の方々も参加していたため圧倒されましたが、無事に発表を終えることができました。

症例について深く理解するまでに時間がかかり、また質疑応答に対応するためにさまざまな文献を検索することも容易ではありませんでした。
あれだけ準備してたったの10分で終わってしまうのかとあっけにとられましたが、それだけ濃縮された時間だったのだろうと思います。
準備段階で内分泌の先生方にご指導いただいたことで考え方の流れも少しは身に付いた気がします。

来年からは糖尿病・内分泌の分野を専攻するため、次回以降この様な機会をいただいた際には、より余裕を持って発表に臨みたいと感じました。

190126_blog01.jpg 190126_blog02.jpg

平成22年より研修医によるブログ「研修医のページ」を始めました。
研修医紹介や発表会の様子、また、私たちが今感じていることを、お伝えするページです。
ぜひ、ご覧ください。

オアシスの会のクリスマス会に参加しました

kensyui_s_nakamura.jpg研修医
中村 駿介(なかむら しゅんすけ)
(30年度1年)

 

長野市民病院1年目研修医の中村駿介と申します。

12月8日に病院内で開催されたオアシスの会のクリスマス会に参加しました。
オアシスの会は人工肛門や人工膀胱を持つ患者さんの会で、定期的に交流会や勉強会が開催されています。
患者さん同士や医療関係者が情報交換をしたり、悩みを分かち合ったりしています。

情報交換会では、普段聞くことのできない患者さんの実生活での悩みや、手術を受けた時の不安などさまざまな思いを聞くことができました。
話しを聞くなかで、さまざまな感情を抱えながら生活されていることが分かり、大変勉強になりました。

クリスマスの時期ということでお楽しみ会もあわせて開催され、手品や朗読などの出し物がありました。
研修医からも出身地などの紹介などを交えた自己紹介をさせていただきました。
学びあり、笑いありのとても有意義なクリスマス会でした。

301208_blog01.jpg

平成22年より研修医によるブログ「研修医のページ」を始めました。
研修医紹介や発表会の様子、また、私たちが今感じていることを、お伝えするページです。
ぜひ、ご覧ください。

日本内科学会の信越地方会に参加しました

研修医 kensyui_y_tanikawa.jpgのサムネイル画像
谷川 悠介(たにかわ ゆうすけ)
(30年度1年)

 

研修医1年目の谷川悠介です。

10月6日に松本市で日本内科学会の信越地方会が行われ、内分泌・代謝内科で研修した際の症例について発表させていただく機会がありました。

発表を行うにあたり、内分泌・代謝内科の先生方にご指導いただきながら抄録やスライドの作成を進めました。
疾患についても診断基準や海外の論文を参考に理解を深め、質問に対してなるべく的確に答えられるように準備して当日を迎えました。
発表は制限時間内に終えることができ、身を固くして質問を待ちました。
予想していた内容の質問ではありませんでしたが、質疑応答を滞りなく終えることができました。

今回の症例発表を通して、症例に関する理解を今まで以上に深めることができただけでなく、症例の発表に必要となる抄録やスライドの作成を経験できたので今後に生かしていきたいと思います。

301006_blog02.jpg

平成22年より研修医によるブログ「研修医のページ」を始めました。
研修医紹介や発表会の様子、また、私たちが今感じていることを、お伝えするページです。
ぜひ、ご覧ください。

研修医のページ一覧