病院の理念

病院の理念

私ども職員は、患者・市民の皆さまと手を携え、
     地域に開かれた病院としての医療を実践します

  1. 命のいとおしさを大切に、人間味あふれる医療を提供します
  2. 医療水準の向上に努め、高度で良質、安全な医療を提供します
  3. 個人の人権と意思を尊重し、情報の開示、説明と同意を基本とする医療を提供します
  4. 地域の保健、医療、福祉機関等との機能分担に配慮し、円滑な連携を図ります

このページ先頭へ

患者さんの権利

私ども職員は、
     患者さん誰もが持つ権利を尊重する医療の実現に努めます

  • よりよい医療サービスを受ける権利
  • 常に人間としての尊厳を保つ権利
  • 医療上の情報提供と十分な説明を受ける権利
  • 自分で選び、自分で決める権利
  • プライバシーが保護される権利

このページ先頭へ

病院の性格と役割

  1. 悪性新生物(がん)、心疾患、脳血管疾患などの治療に重点を置いた先端高度医療を行います。
  2. 24時間、365日、いつでも救急患者を受け入れ、長野市北部地域の救急医療の拠点として、市民が安心して暮らせるための救急医療の提供を行います。
  3. 重点医療のほか、すべての診療科において各部門との連携を密接に行い、急性期疾患を中心とする高度な専門的診療を行います。
  4. 地域医療機関との機能分担に配慮し、相互の円滑な連携を図り、地域全体としての最適な医療を行うために、病診、病病、医療・福祉連携を推進します。
  5. 医学、医療技術の進歩に応じた医療機器、医療技術を備え、地域の医療関係者の研修および研究の場としての役割を果たします。
  6. 高齢化社会の進行に合わせ、高齢者医療の充実を図り、訪問看護などの継続看護を実施し、在宅ケアを必要とする患者の支援システムを確立します。
  7. 市民の健康教育、病気の予防、治療からリハビリテーションまでを一貫して行う保健医療の拠点にします。また、保健医療情報等の提供、地域住民等を対象とした講演会等を行い、住民の医療と福祉の増進に寄与します。

このページ先頭へ

患者さん ― 医療者のパートナーシップ

長野市民病院では、理念に基づき高度で良質、安全な医療を提供するよう努力しております。
そのためには、患者さんと医療者との間に医療における相互の信頼関係がとても重要となります。

医療者側から患者さんへ「説明と同意」「情報開示」「医療安全」などについて十分説明し、ご理解いただくよう努めます。
患者さんならびにご家族の方も重要な医療チームの一員であると認識しておりますので、患者さんへお願いしなければならないこともあります。
わからないことは、何でもご質問いただき、強力なパートナーシップを築いていきたいと考えております。

このページ先頭へ

説明と同意(インフォームドコンセント)

患者さんは、自らの健康と医療に関して、必要な説明を受け理解したうえで、検査・治療やその他の医療行為を受ける、選択する、あるいは拒否する権利を有しています。
また、診療における医療者とのコミュニケーションは、効果的な医療と患者さんの満足度の鍵でもあります。
専門用語を極力使用せず、わかりやすい言葉での説明に努めますが、わからないことは納得いくまでご質問ください。

このページ先頭へ

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、現在の診断や今後の治療方法等について、他の医師の意見を求めることです。当院では患者さんが不安に思う点は主治医と話合い、納得のいく医療を受けることができるよう努力しております。しかし、患者さんが当院以外の医師の意見を希望する場合には、診療上のデータを提供するようにしております。また、当院以外の医療機関にかかられている方を対象とし、当院医師による意見提供も行っております。

このページ先頭へ

各種臨床研究への情報提供について

当院では、
地域の中核病院として各種臨床研究に対し情報提供を行っています

  • 各種の研究は、当院をはじめ全国レベルでの診療・教育・研究の質の向上を目的としています。
  • 情報提供の内容は疾患名や診療内容が主たるもので、患者さんの実名など個人が容易に特定できる個人情報は含まれておりません。
  • 各臨床研究は、長野市民病院医倫理委員会において十分な審議がなされ、「個人情報保護法」および「疫学研究に関する倫理指針」などの各種法令に基づいた院内規則が守られていることを確認し、承認されています。
  • 原則的に、当院を受診される患者さんで該当する方は情報の使用をさせていただきます。もしご協力いただけないようであればその旨遠慮なくお知らせください。
    なお、ご協力いただけない場合でも患者さんの不利益になることはございません。

なにとぞ皆さまのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

臨床研究に関するお知らせ

泌尿器科では、NPO法人J-Cap研究会に協力し、前立腺がんの初回治療調査を行います。
詳しくは、こちらからご覧ください。
泌尿器科 当院が参加している臨床研究について(リンク)

このページ先頭へ

医療安全と情報開示

当院では医療事故や院内感染の防止を最重要課題として、安全な医療に病院全体で取り組み、対策マニュアルの見直しや対策委員会が活発に活動しています。いわゆる「ヒヤリハット」事例等も迅速に報告され、委員会で分析され、改善策を講じています。患者さんへは事例は隠さずにお伝えし、また診療録(カルテ)等の開示請求のあった場合は全て応じています。

現在は医療安全管理室、感染対策室にそれぞれ専任の看護師を配置し、院内をラウンドしており、医療安全に関する患者さんからのご相談も承っております。その際、職員の守秘義務の下、個人情報の保護には十分留意しています。

このページ先頭へ

患者さんへのお願い

患者さんやご家族も重要な医療チームの一員と認識しております。
患者さんと医療者とのパートナーシップを強化し、適切な医療をお受けいただくために以下のことをお願いしております。

  • ご自身の健康に関する情報を隠さずに正確に伝えていただくこと
  • 治療に積極的に参加していただくこと
  • 他の患者さんの医療を妨害しないこと

このページ先頭へ

地域の中での役割に基づく医療の提供

現在、医療の分野では役割分担が明確になっており、地域のかかりつけ医が患者さんの普段の健康管理や診察を行い、より詳しい検査や専門的治療が必要な場合には、かかりつけ医からの紹介により病院が診療を行うという医療連携が推進されています。

私たちの地域には、当院の他にもそれぞれ伝統と優れた機能を持つ多くの病院、診療所、福祉施設等があります。
住民の皆さまが安心して暮らせるためには、地域全体として医療・福祉資源を有効に活用することが必要です。

当院においても、基幹病院と地域のかかりつけ医が役割を分担し、連携しながら適切な医療を提供する「地域医療連携」を推進し、諸医療・福祉機関との機能分担と連携に努めてまいります。

皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします。