市民病院の概要

当院の概要

名称等

法人名称 地方独立行政法人長野市民病院
病院名称 長野市民病院
病院開設日 平成7年6月1日(独法による開設日 平成28年4月1日)
理事長 池田 宇一
病院長 池田 宇一
所在地 長野市大字富竹1333番地1(〒381-8551)
TEL 026-295-1199 (代表)
FAX 026-295-1148 (代表)
URL http://www.hospital.nagano.nagano.jp/

形態

診療科目
(標榜科目)
内科、神経内科、血液内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、腎臓内科、内分泌・代謝内科、緩和ケア内科、小児科、外科、消化器外科、肝臓・胆のう・膵臓外科、呼吸器外科、乳腺外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、頭頸部外科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科、歯科、歯科口腔外科、救急科、病理診断科(33科)
病床数 一般病床400床
うち ICU 6 、SCU 12 、HCU ・CCU 8 、ECU 10
外来診療日 月曜日から金曜日
(ただし、国民の祝日・休日、12月29日〜翌年1月3日は除く)
病院職員数 医師 108、歯科医師 3、薬剤師 22、看護師 543、看護助手29、診療放射線技師 27、臨床検査技師 38、理学療法士 16、作業療法士 8、言語聴覚士 6、臨床工学技士 10、管理栄養士 6、視能訓練士 2、歯科衛生士 6、臨床心理士 1、医療ソーシャルワーカー(MSW) 8、診療情報管理士 7、事務職員 111、保育士 13、委託職員 187
(平成29年4月1日現在)
病院種別、施設基準等 救急告示病院(平成8年4月)
開放型病院(平成15年4月)
臨床研修病院(平成15年10月)
診断群分類別包括評価(DPC)病院(平成18年7月)
一般病棟入院基本料(7:1看護)(平成18年10月)
地域医療支援病院(平成22年10月)
長野地域病院群輪番制病院(平成23年9月)
病院機能評価(3rdG:Ver.1.0)認定病院(平成25年12月更新)
卒後臨床研修評価認定病院(平成27年1月更新)
地域がん診療連携拠点病院(平成27年4月更新)
臨床修練病院(平成28年4月)

附属機能

附属機能 長野市民病院訪問看護ステーション

施設概要

土 地 敷地面積 56,490.41m²
建築面積 17,024.194m²
建 物 延床面積 34,000.800m²
鉄筋コンクリート一部鉄骨鉄筋コンクリート造
地上6階
附属建物等 ・看護師宿舎、託児所棟 1,180.65m²(6階建、1階託児所、戸数30戸)
・敷地内地上ヘリポート 1219m²
・体育館 696.43m² (平屋建)
・厚生棟 273.05m² (2階建)
・医師住宅 615.95m²(9戸)
(院長用 130.83m² 2階建)
(世帯用 215.34m² 2階建、戸数2戸)
(独身用 269.78m² 2階建、戸数6戸)

このページ先頭へ

沿革

昭和51年
  • 市制80周年記念事業の選定において、市民総合病院の建設が第1位となり、建設が決定(12月)
昭和52年
  • 「長野市医療施設整備協議会」設置(10月)
昭和54年
  • 「市民病院建設基金条例」制定(4月)
昭和60年
  • 「長野市医療施設調査研究委員会」設置(3月)
昭和62年
  • 「長野市公的医療施設建設審議会」設置(4月)
平成2年
  • 「長野市公的医療施設基本構想検討委員会」設置(9月)
平成3年
  • 「長野市民病院」開設許可(3月)
  • 「財団法人長野市保健医療公社」設立(4月)
平成4年
  • 「長野市病院事業の設置等に関する条例」制定(4月)
  • 基本・実施設計決定(9月)
  • 市民病院建設工事着工(12月)
    ※ 建設財源 総額213億円(積立基金111億円、国庫補助2億円、起債100億円)
平成7年
  • 長野市民病院建設工事竣工(1月)
  • 6診療科・150床で開院(6月1日)
平成8年
  • 254床(5月)
  • 10診療科(6月)
平成9年
  • 300床(4月)
  • 16診療科(5月)
平成10年
  • 19診療科(4月)
平成12年
  • 外来・手術部門等 増改築工事竣工(3月)
  • 20診療科(10月)
平成15年
  • 21診療科(1月)
  • CT・MR棟等増改築工事竣工(3月)
  • 財団法人日本医療機能評価機構 病院機能評価Ver.4.0認定(10月)
  • 臨床研修病院指定(10月)
平成17年
  • 開院10周年(6月)
平成18年
  • 財団法人長野市保健医療公社が長野市民病院の指定管理者となる(4月)
  • 診断群分類別包括評価制度(DPC)導入(7月)
  • 7:1看護体制取得(10月)
平成19年
  • 地域がん診療連携拠点病院指定(1月)
  • 新南棟1階供用開始(4月)
平成20年
  • ヘリポート開設(1月)
  • 100床増床等 増改築工事竣工(2月)
  • 22診療科・400床(4月)
  • 救急センター開設(4月)
  • 長野市民病院・医師会 急病センター開設(4月)
平成21年
  • 財団法人日本医療機能評価機構 病院機能評価Ver.5.0認定更新(1月)
  • 28診療科(7月)
平成22年
  • 地域がん診療連携拠点病院指定更新(4月)
  • 地域医療支援病院(9月)
  • 29診療科(10月)
平成23年
  • NPO法人卒後臨床研修評価機構 卒後臨床研修評価認定(1月)
  • 長野市民病院の指定管理者更新(4月)
  • 二次救急医療機関(9月)
  • SCU開設(6床)(10月)
平成24年
  • 診断群分類別包括評価制度(DPC)II群病院(平成24年4月〜26年3月)
  • 30診療科(7月)
平成25年
  • NPO法人卒後臨床研修評価機構 卒後臨床研修評価認定更新(1月)
  • RALS棟、手術室増改築工事竣工(2月)
  • 財団法人長野市保健医療公社が公益財団法人へ移行し、公益財団法人長野市保健医療公社に法人名称を変更(4月)
  • 公益財団法人日本医療機能評価機構 病院機能評価3rdG:Ver.1.0認定更新(12月)
平成26年
  • 長野市民病院経営委員会が市長へ地方独立行政法人化へ準備を促す意見書を提出(2月)
  • 公益社団法人日本人間ドック学会 人間ドック健診施設機能評価Ver.3.0認定(4月)
  • 救急医療において長野県知事表彰(9月)
  • 長野市民病院の地方独立行政法人への移行方針決定(10月)
平成27年
  • NPO法人卒後臨床研修評価機構 卒後臨床研修評価認定更新[認定期間6年](1月)
  • 「地方独立行政法人長野市民病院定款」議決(3月)
  • 「地方独立行政法人長野市民病院評価委員会条例」制定(3月)
  • 地域がん診療連携拠点病院指定更新(4月)
  • 開院20周年(6月)
平成28年
  • 公益財団法人長野市保健医療公社を解散し、地方独立行政法人長野市民病院を設立(4月)
  • 臨床修練病院指定(4月)
  • SCU増床(12床)(6月)
  • ECU(救急病棟)開設(10床)(7月)
  • HCU・CCUに名称変更(8床)(7月)
  • 長野市在宅医療・介護連携支援センター開設(7月)
  • 地域包括ケア病棟開設(44床)(8月)
  • 歯科医師臨床研修施設指定(8月)
平成29年
  • 31診療科(1月)
  • 33診療科(4月)

このページ先頭へ

施設基準・承認事項

基本診療料
  • 一般病院入院基本料(7対1入院基本料)
  • 臨床研修病院入院診療加算(基幹型)
  • 救急医療管理加算
  • 超急性期脳卒中加算
  • 診療録管理体制加算1
  • 医師事務作業補助体制加算1(15対1 補助体制加算)
  • 急性期看護補助体制加算(50対1)
  • 看護職員夜間配置加算
  • 療養環境加算
  • 重症者等療養環境特別加算(個室の場合)
  • 緩和ケア診療加算
  • がん診療連携拠点病院加算
  • 栄養サポートチーム加算
  • 医療安全対策加算(1)
  • 感染防止対策加算(1)
  • 感染防止対策地域連携加算
  • 患者サポート体制充実加算
  • 褥瘡ハイリスク患者ケア加算
  • 総合評価加算
  • 呼吸ケアチーム加算
  • 病棟薬剤業務実施加算1
  • データ提出加算2
  • 退院支援加算1
  • 認知症ケア加算1
  • 特定集中治療室管理料3
  • 脳卒中ケアユニット入院医療管理料
  • 小児入院医療管理料4
  • 地域歯科診療支援病院歯科初診料
  • 歯科外来診療環境体制加算
特掲診療料
  • 糖尿病合併症管理料
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • がん患者指導管理料1,2,3
  • 外来緩和ケア管理料
  • 糖尿病透析予防指導管理料
  • 糖尿病透析予防指導管理料 腎不全期患者指導加算
  • 小児科外来診療料
  • 地域連携小児夜間・休日診療料1
  • 地域連携夜間・休日診療料
  • 院内トリアージ実施料
  • 夜間休日救急搬送医学管理料
  • 外来放射線照射診療料
  • ニコチン依存症管理料
  • 開放型病院共同指導料(I)
  • 開放型病院共同指導料(II)
  • がん治療連携計画策定料
  • がん治療連携管理料
  • 薬剤管理指導料
  • 医療機器安全管理料1
  • 医療機器安全管理料2
  • 医療機器安全管理料(歯科)
  • 歯科治療総合医療管理料
  • 持続血糖測定器加算
  • HPV核酸検出
  • 検体検査管理加算(I)
  • 検体検査管理加算(IV)
  • 植込型心電図検査
  • 時間内歩行試験
  • ヘッドアップティルト試験
  • 皮下連続式グルコース測定
  • 神経学的検査
  • コンタクトレンズ検査料I
  • 小児食物アレルギー負荷検査
  • センチネルリンパ節生検(乳がんに係るものに限る)
  • CT透視下気管支鏡検査加算
  • 画像診断管理加算1
  • 画像診断管理加算2
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 冠動脈CT撮影加算
  • 乳房MRI加算
  • 大腸CT撮影加算
  • 心臓MRI撮影加算
  • 抗悪性腫瘍剤処方管理加算
  • 外来化学療法加算1
  • 無菌製剤処理料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(I)
  • 運動器リハビリテーション料(I)
  • 呼吸器リハビリテーション料(I)
  • 摂食機能療法(経口摂取回復促進加算)
  • がん患者リハビリテーション料
  • 集団コミュニケーション療法料
  • 歯科口腔リハビリテーション料2
  • 処置の休日加算1、時間外加算1及び深夜加算1
  • 硬膜外自家血注入
  • エタノールの局所注入(甲状腺に対するもの)
  • エタノールの局所注入(副甲状腺に対するもの)
  • 人工腎臓 下肢末梢動脈疾患指導管理加算
  • 透析液水質確保加算2
  • CAD/CAM冠
  • 組織拡張器による再建手術(一連につき)(乳房(再建手術)の場合に限る。)
  • 脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む)及び脳刺激装置交換術
  • 脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術
  • 乳がんセンチネルリンパ節加算2
  • 乳腺悪性腫瘍手術(乳頭乳輪温存乳房切除術)
  • ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)
  • 経皮的冠動脈形成術
  • 経皮的冠動脈ステント留置術
  • ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
  • 埋込型心電図記録計移植術及び埋込型記録計摘出術
  • 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
  • 経皮的大動脈遮断術
  • ダメージコントロール手術
  • 体外衝撃波胆石破砕術
  • 腹腔鏡下肝切除術
  • 体外衝撃波膵石破砕術
  • 腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術
  • 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
  • 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術
  • 腹腔鏡下膀胱悪性腫瘍手術
  • 人工尿道括約筋植込・置換術
  • 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術
  • 腹腔鏡下仙骨膣固定術
  • 腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術(子宮体がんに限る。)
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6(歯科点数表第2章第9部の通則4を含む。)に掲げる手術
  • 手術の休日加算1、時間外加算1及び深夜加算1
  • 胃瘻造設術(内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
  • 輸血管理料II
  • 輸血適正使用加算
  • 人工肛門・人工膀胱増設術前処置加算
  • 内視鏡手術用支援機器加算
  • 広範囲顎骨支持型装置埋入手術
  • 麻酔管理料I、II
  • 放射線治療専任加算
  • 外来放射線治療加算
  • 高エネルギー放射線治療
  • 強度変調放射線治療(IMRT)
  • 画像誘導放射線治療(IGRT)
  • 定位放射線治療
  • 画像誘導密封小線源治療加算
  • 病理診断管理加算
  • 口腔病理診断管理加算
  • クラウン・ブリッジ維持管理料

このページ先頭へ

指定医療機関

  • 健康保険法に基づく保険医療機関
  • 国民健康保険療養取扱機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 生活保護法に基づく医療扶助のための医療担当機関
  • 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に基づく結核指定医療機関
  • 被爆者一般疾病医療機関
  • 身体障害者福祉法に基づく更正医療担当機関及び指定医療機関
  • 特定疾患指定医療機関
  • 育成医療指定医療機関
  • 救急告示病院
  • 病院機能評価認定病院
  • 臨床研修病院
  • 開放型病院(登録医制によるセミオープンシステム)
  • 地域がん診療連携拠点病院
  • DPC対象病院
  • 卒後臨床研修評価認定病院
  • 長野地域病院群輪番制病院

このページ先頭へ

学会研修・認定施設

  • 日本内科学会 認定医制度教育病院
  • 日本神経学会 専門医制度教育施設
  • 日本認知症学会 専門医制度教育施設
  • 日本呼吸器学会 認定施設
  • 日本アレルギー学会 アレルギー専門医準教育研修施設
  • 日本消化器病学会 専門医制度認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医制度指導施設
  • 日本消化管学会 胃腸科指導施設
  • 日本胆道学会 認定指導医制度指導施設
  • 日本循環器学会 循環器専門医研修施設
  • 日本心血管インターベンション治療学会 研修関連施設
  • 日本腎臓学会 研修施設
  • 日本透析医学会 専門医制度教育関連施設
  • 日本アフェレシス学会 認定施設
  • 日本急性血液浄化学会 認定指定施設
  • 日本糖尿病学会 専門医制度認定教育施設
  • 日本外科学会 専門医制度修練施設(指定)
  • 日本消化器外科学会 専門医制度専門医修練施設
  • 日本外科感染症学会 外科周術期感染管理教育施設
  • 日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能専門医修練施設B
  • 呼吸器外科専門医合同委員会 認定修練施設(基幹)
  • 日本乳癌学会 認定医・専門医制度認定施設
  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会 下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施施設
  • 浅大腿動脈ステントグラフト実施基準管理委員会 浅大腿動脈ステントグラフト実施施設
  • 日本脳神経外科学会 専門医認定制度研修施設
  • 日本脳卒中学会 専門医認定制度研修教育病院
  • 日本整形外科学会 専門医制度研修施設
  • 日本手外科学会 研修施設
  • 日本リウマチ学会 教育施設
  • 日本形成外科学会 教育関連施設
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 インプラント実施施設
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 エキスパンダー実施施設
  • 日本泌尿器科学会 専門医教育施設(基幹)
  • 日本婦人科腫瘍学会 専門医制度指定修練施設
  • 日本産科婦人科内視鏡学会 認定研修施設
  • 生殖医療専門医制度研修連携施設
  • 日本眼科学会 専門医制度研修施設
  • 日本耳鼻咽喉科学会 専門医研修施設
  • 日本医学放射線学会 専門医制度修練機関
  • 日本放射線腫瘍学会 認定協力施設
  • 日本麻酔科学会 認定病院
  • 日本緩和医療学会 認定研修施設
  • 日本口腔外科学会 認定研修施設
  • 日本口腔ケア学会 口腔ケアセンター
  • 日本救急医学会 救急科専門医指定施設
  • 日本病理学会 専門医制度研修登録施設
  • 日本臨床細胞学会 認定施設
  • 日本臨床細胞学会 教育研修施設
  • 日本がん治療認定医機構 認定研修施設
  • 日本臨床腫瘍学会 認定研修施設
  • 日本人間ドック学会 人間ドック健診専門医研修施設
  • 日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師研修事業研修施設
  • 日本医療薬学会 がん専門薬剤師研修施設
  • 日本静脈経腸栄養学会 NST専門療法士取得に関わる実地修練施設
  • 日本静脈経腸栄養学会 NST稼動施設
  • 日本栄養療法推進協議会 NST稼動施設
  • 日本栄養士会 栄養サポートチーム担当者研修 認定教育施設

その他

信州大学医学部臨床教育協力病院

このページ先頭へ

手術件数の情報公開

平成16年4月から手術の種類と手術数の掲示が義務付けられています。
当院の手術件数(平成28年1月〜12月)は以下のとおりです。

1.区分1に分類される手術

頭蓋内腫瘤摘出術等 45例
黄斑下手術等 0例
鼓室形成手術等 0例
肺悪性腫瘍手術等 103例
経皮的カテーテル心筋焼灼術 22例

2.区分2に分類される手術

靱帯断裂形成手術等  14例
水頭症手術等 67例
鼻副鼻腔悪性腫瘍手術等 2例
尿道形成手術等 69例
角膜移植術 0例
肝切除術等 51例
子宮附属器悪性腫瘍手術等  30例

3.区分3に分類される手術

上顎骨形成術等 1例
上顎骨悪性腫瘍手術等 9例
バセドウ甲状腺全摘(亜全摘)術(両葉) 0例
母指化手術等 2例
内反足手術等 0例
食道切除再建術等 2例
同種死体腎移植術等 0例

4.区分4に分類される手術の件数

744例

その他の区分に分類される手術

5. 人工関節置換術 40例
6. 乳児外科施設基準対象手術 0例
7. ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術 30例
8. 冠動脈、大動脈バイパス移植術及び体外循環を要する手術 0例
9. 経皮的冠動脈形成術 合計 7例
急性心筋梗塞に対するもの 0例
不安定狭心症に対するもの 3例
その他のもの 4例
経皮的冠動脈粥腫切除術 0例
経皮的冠動脈ステント留置術 合計 114例
急性心筋梗塞に対するもの 15例
不安定狭心症に対するもの 32例
その他のもの 67例

臨床統計について

診療等に関する統計につきましては、こちらからご覧ください。

このページ先頭へ

診療業務概要

過去3年の診療業務概要は以下のとおりです。

  平成
26年度
平成
27年度
平成
28年度
1日平均
患者数(人)
入 院 348 335 361
外 来 967 958 951
外来入院患者比率(%) 277.9 286.0 263.4
地域医療支援病院紹介率(%) 72.7 73.1 75.8
地域医療支援病院逆紹介率(%) 70.2 60.9 64.0
病床稼働率(%)(許可病床) 87.0 83.7 90.3
平均在院日数(日)※H28は地域包括ケア病棟を除く 11.5 11.0 10.3
手術件数
(手術室利用)
全   体(件) 4,216 4,180 4,283
全身麻酔(件) 2,954 2,877 2,926
救急外来関係 時間外患者数(人) 14,968 14,525 13,591
救急車利用者数(人) 4,365 4,325 4,253