部門紹介 > 診療技術部

臨床工学科

当科について

臨床工学科では、医師の指示のもと、生命維持管理装置の保守点検及び操作をしています。
主な業務は透析・各血液浄化業務、人工呼吸器業務、高気圧酸素業務、心臓カテーテル業務、手術室業務、医療機器の保守点検管理を行っています。
また24時間オンコール体制ですので、何かあればどんな時間帯でも対応しています。

基本方針及び診療の概要

各医療機器管理と臨床業務を効率よく行い、医療機器の安全や適正使用を促進し医療に貢献する。

目標

手術室業務の拡大、他部門との連携強化
増床・がん診療・救急医療体制に対応した業務体制
新技術、医療機器の効率的な管理・整備

このページ先頭へ

患者さんへ

臨床工学科は特殊で重症・緊急患者さんと接することが多く、他の患者さんと直接お会いすることは少ないのですが、現代の高度先端医療を支える職種として患者さんのお役に立てるよう研鑚を重ねてまいります。

このページ先頭へ

各業務について

透析業務

慢性腎不全の患者さんの人工透析・導入期や急性腎不全・各種膠原病などに対して血液浄化療法(エンドトキシン吸着・持続的血液透析濾過・血漿交換など)を行っています。


保守点検業務

医療機器がいつも適正に稼動するために、マシンセンターで院内の機器(輸液・シリンジポンプ、除細動器など)の中央管理を行っています。


高気圧酸素業務

大気圧より高い気圧環境で高濃度の酸素を吸入することで病態の改善を図る治療装置の操作を行っています。


心臓カテーテル業務

血管造影室でカテーテル治療に対応し、大動脈バルーンポンピング装置、経皮的心肺補助装置、血管内超音波装置などの操作を行っています。


呼吸器業務

集中治療室に設置されている人工呼吸器、また病棟での使用や非侵襲的陽圧換気など予後改善に繋げていくため点検など安全管理を行っています。


手術室業務

医療技術の進歩に伴い低侵襲な手術が増加傾向にあり、また様々な機器がある。鏡視下手術関連、自己血回収などに対応し、麻酔器など点検を行っています。

このページ先頭へ

有資格者について

平成22年4月現在

呼吸療法認定士 3名
透析療法認定士 3名

このページ先頭へ

チーム医療について

病院内の各医療現場には、多くの高度医療機器が配置され常時使用されています。臨床工学科もそれぞれ必要とされる場所でチーム医療の一員として業務をしています。

チーム医療について