当科について

栄養科では、下記のように業務を行っております。

基本理念

あたたかみのある患者サービスの実践

  1. 安全な食事を患者さんに提供する。
  2. 患者さんに満足される食事を提供する。
  3. 温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たい状態で患者さんに提供する。
  4. 治療効果の上がる食事を患者さんに提供する。
  5. 治療の範囲内で、患者さん個々に対応した食事を提供する。
  6. 食に対する正しい情報を患者さんに提供する。

このページ先頭へ

患者さんへ

管理栄養士による栄養食事指導を行っております。
各疾患に対する食事療法について、出来る限り患者さん個々に合わせてお話するように心がけております。
栄養食事指導をご希望される患者さんは、医師による指示が必要となりますので外来窓口、医師へご相談下さい。

また、糖尿患者さんにおける集団栄養食事指導(15名程度)も行っております。
月に1回のペースで、4回をシリーズとして医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、管理栄養士等のお話を組み込み実施しております。
開催日時、予約等につきましては、外来窓口へお問合せ下さい。

栄養指導室(エントランス側)

このページ先頭へ

業務概要

入院患者さん対象に栄養管理計画書を作成し、個々にあった栄養管理を実践しております。
患者さん個々に面談を行い摂取が不足する患者さんに対しては個人対応を行い摂取できるように努めております。 

また、NST(栄養サポートチーム)では、医師、看護師、多関連職種と連携し最善の栄養管理の実施に努めております。

食事提供では、毎日の選択メニュー、行事食を実施し喫食率の向上や毎日の食事に変化をつけたり、嗜好調査を実施し患者さんのご意見を取り入れた献立作成をしております。

栄養指導においては、入院・外来患者さんに実施し、患者さん自身が食習慣を改善することにより、疾病をコントロールできることを目標に実施しております。

このページ先頭へ

有資格者について

栄養サポートチーム(NST)専門療法士
がん病態栄養認定管理栄養士
病態栄養認定管理栄養士
健康科学修士
栄養教諭
フードスペシャリスト
糖尿病療養指導士
TNT-D 認定管理栄養士
健康食品管理士

このページ先頭へ

チーム医療について

栄養サポートチーム(NST)

2004年12月に稼動。日本静脈経腸栄養学会、日本栄養療法推進協議会がそれぞれ認定するNST稼動施設取得。日本静脈経腸栄養学会、栄養サポートチーム(NST)専門療法士認定教育施設を取得する。
NST(栄養サポートチーム)では、入院患者さんに適切な栄養管理を行うために医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士、歯科衛生士、管理栄養士がチームとなりそれぞれの専門知識を生かし活動を行っております。

また、チーム医療として褥瘡対策チーム、緩和ケアチーム、病棟カンファレンス等に参加しております。

チーム医療について

このページ先頭へ

行事食のご案内

行事食