部門紹介

感染対策室

当室について

感染対策室には、感染対策専従看護師が配属され、医療安全管理室とともに安全な医療を推進するための両輪として業務に励んでいます。 以前より医療事故対策や感染対策に重点を置いてきた当院ですが、より安心していただける医療を目指し今後も努力を続けていきます。

感染対策に関する理念

  • 感染リスクに応じた対策
  • 標準予防策に基づく対策
  • 感染経路別予防策
  • 針刺し災害対策


感染対策室の任務

  • 医療関連感染リスクの評価
    最新情報の収集・分析、院内ラウンド、医療関連感染サーベイランス、耐性菌サーベイランス
  • 医療関連感染対策指針の作成、運用、見直し
    各種マニュアル作成・改訂、抗菌薬適正使用の推進
  • 医療関連感染対策に係る構造設備、環境整備の立案・実施
    院内設備・環境の改善、感染対策に効果の高い診療材料の導入
  • 職員に対する感染対策
    職員への教育・啓発、職業感染予防対策
  • その他感染対策に係ること
    感染症法に基づく対応、アウトブレイク時の介入など

このページ先頭へ

患者さんへ

感染対策室は、病院職員が安全な医療を提供する為の支援を行っています。
そして、病院にお見えになる方々の感染症に関する身近な問題の相談もおこなっております。
例えば、食中毒に罹らないための対策などは、日常的にできる身近な感染対策が大事です。
感染対策の基本は「手洗い」。
病院内でも正しい手洗い、手指消毒の励行に努めております。

このページ先頭へ

部門構成(概要)

当室の構成員は下記のとおりです。

  • 感染対策室長
    (副院長・ICD:Infection Control Doctor):1名
  • 医師
    (ICD:6名含む):7名
  • 薬剤師
    (感染制御専門薬剤師1名、抗菌化学療法認定薬剤師1名、感染制御認定薬剤師2名含む):5名
  • 検査技師
    (感染制御認定臨床微生物検査技師2名含む):3名
  • 看護師
    (感染管理認定看護師1名、感染制御実践看護師1名含む):4名