部門紹介 > 診療部

歯科/歯科口腔外科

当科の特徴および診療内容

基本方針および診療の概要

当科は病院の歯科口腔外科としての役割を担うべく、口腔がん治療を含む口腔外科診療全般、ならびに口腔・顎顔面の救急処置を診療の中心に据えております。

外来診療では、智歯(親知らず)の抜歯や嚢胞摘出、有病者の歯科治療など局所麻酔下での処置が大多数を占めるほか、顎関節症、三叉神経痛、顔面神経麻痺、全てのがん治療の治療前後(周術期)の口腔ケアを担当しております。

入院診療は、口腔がん、顎骨骨折、顎骨嚢胞、良性腫瘍など全身麻酔下での手術を必要とする方や、智歯抜歯や歯科治療恐怖症の方の治療には1泊2日の入院で静脈内鎮静法下での治療を提供しています。
そのほか有病者の方や広汎性発達障害の方の全身麻酔下集中歯科治療もお引き受けしています。
また口腔がんの化学療法(抗がん剤治療)や放射線治療、口腔・顎顔面領域の重症感染症の治療も入院下で管理しています。

そのため、一般歯科治療(むし歯の治療、歯周病、義歯の治療、かみ合せの調整)は原則としてかかりつけ歯科医院に治療を依頼し、緊密な病診連携を行っています。

対象疾患

  • 口腔がん
    舌、歯肉、頬粘膜、口底、唾液腺、顎骨など
  • 良性腫瘍
    口腔、顎骨、唾液腺など
  • 顎変形症
    上下顎前突症、小下顎症などの顎矯正の必要な方
  • 口腔・顎顔面外傷
    上下顎骨折、歯槽骨骨折、歯牙脱臼、歯牙破折、軟組織裂傷など
  • 口腔・顎顔面感染症
    顎骨骨膜炎、骨髄炎、蜂窩織炎、上顎洞炎、唾液腺炎、智歯周囲炎など
  • 唾液腺疾患
    唾液腺炎、唾液腺腫瘍、唾石症、シェーグレン症候群などの口腔乾燥症
  • 顎関節疾患
    顎関節症、顎関節脱臼など
  • 神経疾患
    三叉神経痛、顔面神経麻痺、舌痛症など
  • 睡眠時無呼吸症候群の治療
  • 歯牙処置
    智歯抜歯、過剰歯抜歯、有病者の抜歯など
  • デンタルインプラント(人工歯根)治療
    (かかりつけ医からの紹介が必要です)

その他

  • 当院での口腔がん診療は、形成外科や耳鼻咽喉科、放射線治療科、リハビリテーション科などと協力し、チーム医療を行っています。
  • 当科は長野県インプラントネットワークに参加しており、地域の医療機関と 連携しデンタルインプラント治療を行っていきます。
  • 入院患者さんの一般歯科治療は応急的な処置となり、退院時にかかりつけ歯科医院に紹介させて頂いています。

口腔・顎顔面の事でお困りの方は是非当科にご相談下さい。
(原則としてかかりつけ歯科医院より紹介状を頂いてから受診して下さい。
もしかかりつけ歯科医院のない方は、近歯科医院で御相談のうえ、当科を受診して下さい。
待ち時間も少なくスムースに診療できる事が多いです。)

症例数は 治療実績 をご参照下さい。

平成26年1月改訂
文責:歯科・歯科口腔外科科長 酒井 洋徳

このページ先頭へ

診療スタッフ

鎌田孝広医師

鎌田 孝広 (かまた たかひろ)

平成11年卒

役 職 歯科・歯科口腔外科部長
資 格 日本口腔外科学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医(歯科口腔外科)
専門分野 歯科口腔外科、口腔がん、口外一般
草深佑児医師

草深 佑児 (くさふか ゆうじ)

平成20年卒

役 職 歯科・歯科口腔外科医長
資 格 日本口腔外科学会認定医
専門分野 歯科、歯科口腔外科
篠原潤医師

篠原 潤 (しのはら じゅん)

平成25年卒

役 職 歯科・歯科口腔外科歯科医師
資 格 日本口腔外科学会認定医
専門分野 歯科、歯科口腔外科

このページ先頭へ

外来診療日

平成30年7月1日更新

○:初・再診  ●:再診

医師名 備考
鎌田 孝広   木曜日は午後のみ
草深 佑児   水曜日は午後のみ
篠原 潤   水曜日は午前のみ
木・金曜日は午後のみ
非常勤医師
(信州大学)
       

このページ先頭へ

治療実績

主な対象疾患

  • 口腔外科診療
  • 一般歯科救急
  • 一般歯科2次医療・高次医療
  • がん治療患者の口腔ケア