部門紹介 > 診療部

外科/消化器外科

当科の特徴および診療内容

当院における消化器疾患

当院全体で見ると消化器疾患の患者数が最も多く、しかも悪性疾患(がん)の比率が高いのが特徴です。
外科、消化器外科では、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門、肝、胆、膵、脾の疾患の手術治療、消化器がんの化学療法、鼠径ヘルニアの手術療法を行っています。
なかでも食道がんや胃がんをはじめとする消化器がんの手術や化学療法の症例数は北信地区で最多です。

当院では、術前の内視鏡検査や透視検査など治療方針を決定する上で重要な検査はすべて消化器内科の専門医によって行われ、当科を訪れる消化器疾患のすべての患者さんは内科専門医のチェックを受けます。
さらに、内科外科の合同症例検討会に提示して、内科外科共通の治療方針のもとに治療を行います。
例えば、手術目的で紹介された患者さんでも、EMR(内視鏡的粘膜切除術)・ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)が適当と判断されれば、消化器内科においてEMR・ESDを実施します。
治療方針に迷う症例は消化器内科、外科の合同症例検討会でさらに検討します。

手術治療の特徴 〜腹腔(胸腔)鏡下手術〜

当科の手術治療の大きな特徴は、豊富な経験に基づいた腹腔(胸腔)鏡下手術が治療の柱の一つになっていることであり、鏡視下手術数は開院前のものを含めて5,000例を超え、長野県一の手術数であります。
これらの腹腔鏡手術はすべて日本内視鏡外科学会技術認定医の指導、監督の下に行われ、高いクオリティーを特徴としており、信州大学やその他の施設から派遣された若い外科医が当院で研修しています。
がんの手術においてはその進行度に応じて腹腔鏡下手術から開腹下の拡大郭清手術まで幅広い選択が可能であり、学会ガイドラインに準拠したきめ細かいインフォームドコンセントにより患者さんご自身による選択を基本としています。

消化器がんに対する腹腔(胸腔)鏡下手術は食道がん、胃がん、大腸がんが中心であり、肝腫瘍、膵腫瘍の一部にも腹腔鏡下手術を行っています。
とくに下部直腸がんでは腹腔鏡下の良好な視野を活かし、極力肛門と吻合し、人工肛門造設を減らす努力を行っています。
良性疾患の手術療法ではもちろん腹腔鏡下手術が主であり、腹腔鏡下胆嚢摘出術はもとより、腹腔鏡下食道アカラシア手術、腹腔鏡下脾摘出術、腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術、腹腔鏡下虫垂切除術を行っています。
消化器がんの切除不能・再発症例においては、外来や短期入院により積極的な化学療法、放射線療法を実施しており、そのような症例では早くから緩和医療も導入しています。
エビデンス(根拠)に基づく治療を推進するために、胃がん、大腸がん、肝臓がんの全国規模の臨床試験に積極的に参加しています。

当科には日本内視鏡外科学会技術認定医が3名常勤しており、当科の研修終了者3名が技術認定医に合格し、各勤務先で活躍中です。

3Dスコープでの直腸がん手術について

2014年8月より、長野県の第1号機の手術用ハイビジョン3Dスコープでの直腸がん手術を開始しています。詳しくは、こちらからご覧ください。

手術支援システム『ダ・ヴィンチ』について

当院では、2016年9月より長野県内で初めての手術支援ロボット『ダ・ヴィンチ(da Vinci Surgical System)』を用いた腹腔鏡下胃切除術を開始しています。
これまでに、2013年4月より前立腺がん(泌尿器科)を、また、2014年3月より直腸がん(消化器外科)を対象としたダ・ヴィンチを用いた手術を始動しており、胃がん(消化器外科)が3領域目となります。
詳しくは、こちらからご覧ください。

このページ先頭へ

診療スタッフ

宗像 康博(むなかた やすひろ)

昭和54年卒

役 職 上席副院長
外科部長
消化器外科部長
救急センター科長
集中治療部科長
資 格 日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医
専門分野 消化器 ※食道、胃、大腸、
内視鏡外科

関 仁誌 (せき ひとし)

昭和62年卒

役 職 外科副部長
消化器外科副部長
肝臓・胆のう・膵臓外科部長
資 格 日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医・評議員
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本医師会認定産業医
日本静脈経腸栄養学会認定医
専門分野 消化器 ※肝臓、胆道、膵臓

高田 学 (たかた まなぶ)

平成3年卒

役 職 外科副部長
消化器外科副部長
救急センター科長
資 格 日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会専門医・認定医・消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会専門医・認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本大腸肛門病学会専門医
日本外科感染症学会外科周術期感染管理教育医・認定医
インフェクションコントロールドクター
日本クリニカルパス学会評議員
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
専門分野 消化器

佐近 雅宏 (さこん まさひろ)

平成12年卒

役 職 外科副部長
消化器外科副部長
資 格 日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医・評議員
日本消化器病学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医
専門分野 消化器

林原 香織 (はやしばら かおり)

平成12年卒

役 職 外科科長
資 格 日本外科学会専門医
日本消化管学会胃腸科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
インフェクションコントロールドクター
日本プライマリ・ケア連合学会認定医
専門分野 外科

関野 康 (せきの やすし)

平成13年卒

役 職 外科副部長
消化器外科副部長
臨床腫瘍科副部長
がんセンター副センター長・化学療法センター長
資 格 日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
日本消化器病学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
専門分野 消化器

岡田 正夫 (おかだ まさお)

平成18年卒

役 職 外科科長
資 格 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医
日本医師会認定産業医
専門分野 外科

高橋 祐輔 (たかはし ゆうすけ)

平成19年卒

役 職 外科医長
消化器外科医長
肝臓・胆のう・膵臓外科医長
資 格 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医・消化器がん外科治療認定医
専門分野 消化器 ※肝臓、胆道、膵臓

下平 悠介 (しもだいら ゆうすけ)

平成20年卒

役 職 外科医長
資 格 日本外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
専門分野 外科

古谷野 靖博 (こやの やすひろ)

平成23年卒

役 職 外科医長
専門分野 外科

このページ先頭へ

外来診療日

外科/消化器外科/肝臓・胆のう・膵臓外科 共通

平成30年4月1日更新

○:初・再診  ◆:初診(紹介)のみ  ●:再診

医師名 備考
宗像 康博        
関 仁誌        
高田 学          
佐近 雅宏          
林原 香織          
関野 康          
岡田 正夫          
高橋 祐輔          
下平 悠介          
古谷野 靖博        

このページ先頭へ

治療実績

主な対象疾患

食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門、肝、胆、膵、脾の疾患の外科治療、消化器がんの化学療法、鼠径ヘルニアの手術療法