部門紹介 > 診療部

腎臓内科

当科の特徴および診療内容

腎臓内科では、腎臓病の初期症状である検尿異常を呈する患者さんの精査治療から、腎不全期の保存的加療、末期腎不全に対する透析(血液透析、腹膜透析)治療に至るまで、腎臓病のトータルケアを行っています。
その他、膠原病や消化器疾患に対するアフェレシス治療(血漿交換や白血球除去療法など)、急性腎不全や多臓器不全に対する急性血液浄化療法なども関係各科と連携して行っています。
医師を中心に、専門性の高い看護師、薬剤師、栄養士、臨床工学技士が連携し、各疾患に必要な治療体制を確立しています。当院は、日本透析医学会教育関連施設であり、さらに日本アフェレシス学会認定施設として認定されています。

CKD (Chronic Kidney Disease) −慢性腎臓病−への総合的対策

CKDとは原疾患の異なる多様な腎疾患を、腎機能低下の程度や蛋白尿の有無などに基づき包括的にとらえる新たな疾患概念ですが、CKD患者数は膨大でありふれた疾患である事が指摘され、末期腎不全や心血管系疾患の強い危険因子である事が判明し、その対策は重要かつ急務とされています。
腎臓専門医としてCKD対策に尽力したいとは考えていますが、この膨大なCKDの予防、診断、治療を腎臓専門医だけでまかなうのには無理がある事も明らかです。
日本腎臓学会からも腎臓専門医とかかりつけ医との連携強化のため、CKD診療ガイドが公開されました。
かかりつけ医の先生、さらにはCKD患者を診る機会の多い糖尿病専門医、循環器専門医などとの連携をはかりながら、地域の実情にあった診療連携システムの構築を目指したいと考えています。

治療内容について

CKDの原因精査−各種検査に加えて、必要に応じて腎生検を施行しています。

  • 各段階に応じたCKDの治療
    栄養指導、薬物治療、教育入院など。
  • 血液浄化療法
    慢性透析療法(血液透析、腹膜透析)とそれに関連した内シャント増設術、経皮的内シャント血管形成術など。透析患者様の他疾患での入院の際には、継続して適切な透析治療を提供しています。また、急性血液浄化療法として、エンドトキシン吸着、持続血液ろ過透析などにも対応。
  • アフェレシス療法
    血漿交換療法(単純血漿交換、二重膜濾過血漿交換)、免疫吸着療法、白血球除去療法など。
  • 難病医療費助成制度について
    難病患者さんへの医療費助成制度が変わり、助成の対象となる病気が大幅に増えました。
    もし、多発性のう胞腎、IgA腎症、一次性ネフローゼ症候群、一次性膜性増殖性糸球体腎炎、急速進行性糸球体腎炎などの疾患に該当する方は医療費の負担額が少なくなるかもしれません。
    難病医療費助成には、医師からの診断書をもらい、保健所などで申請する必要があります。
    詳しくは、かかりつけ医もしくは担当医にご相談ください。

疾患啓発チラシ「常染色体優性 多発性のう胞腎をご存じですか?」

このページ先頭へ

診療スタッフ

掛川 哲司(かけがわ てつじ)

平成8年卒

役 職 腎臓内科部長
糖尿病・腎センター 副センター長
資 格 日本内科学会総合内科専門医・認定内科医
日本腎臓学会指導医・専門医
日本透析医学会指導医・専門医
日本アフェレシス学会血漿交換療法専門医
日本急性血液浄化学会認定指導医
専門分野 腎臓

山ア 大樹(やまざき だいき)

平成24年卒

役 職 腎臓内科医師
糖尿病・腎センター医師
資 格 日本内科学会認定内科医
専門分野 腎臓

このページ先頭へ

外来診療日

平成29年4月1日更新

○:初・再診  ●:再診

医師名 備考
掛川 哲司        
山ア 大樹       火曜日は午後のみ

※初診担当は、一般内科診療を含む

このページ先頭へ

治療実績

主な対象疾患

CKD (Chronic Kidney Disease) −慢性腎臓病−の原因精査および各段階に応じた治療、
血液浄化療法(慢性透析療法および急性血液浄化療法、
アフェレシス療法