部門紹介 > 診療部

神経内科

当科の特徴および診療内容

神経内科とは

脳から体の隅々に至る神経系の病気を扱う診療科です。
頭痛、物忘れ、しびれ、ふるえ、ふらつき、けいれん、筋力低下、などの症状がある患者さんを診ています。

神経疾患の特徴

神経疾患はその種類が非常に多いことが1つの特徴です。
脳梗塞などの血管障害、髄膜炎・脳炎などの感染症、多発性硬化症やギラン・バレー症候群のような自己免疫性疾患、アルツハイマー病やパーキンソン病のような神経変性疾患、頭痛・めまい・けいれんなどの発作性神経疾患、筋ジストロフィーや多発筋炎のような筋疾患など、我々神経内科医の診療する疾患領域は多岐に渡り、病気の数も非常にたくさんあります。
ただし、精神疾患は精神神経科、頭部外傷や手術が必要な脳出血・脳腫瘍などは脳神経外科の領域となります。

どの診療科でも病気の診断をしっかりつけることが大変重要ですが、神経疾患では特にこの「診断」という過程を重視しています。
多くの病気の中のどの病気なのか正確な診断をつけるため、時にはかなりの時間を掛けて十分な検討を行います。
神経内科の外来を受診した患者さんでは、まず詳細な問診や綿密な身体診察が欠かせません。
また、当院では高画質のCT・MRIなどの画像検査、脳波・筋電図・神経伝導検査などの電気生理学的検査、血清・髄液などの検体検査、神経・筋生検などの病理学的検査などを組み合わせて行うことで、診断精度を上げるよう努めています。

神経疾患のもう一つの特徴は、いわゆる難病、すなわち原因が分からず治療も難しい病気が多いことです。
しかし治療が難しいからといって、ただ手をこまねいている訳ではありません。
我々にできること、やらなくてはならないことは少なくありません。
病気の診断(診察、検査、重症度判定、将来の経過の予測)はもちろん、対症的・緩和的薬物療法、訪問看護・リハビリの指示、ケアマネージャーとの連携などを通して、患者さんの日常生活の質の向上および家族の負担軽減のために貢献したいと考えています。

一方で、以前は原因不明とされていた病気の原因が次々に判明し、有効な治療が可能となった難病も少なくありません。
ギラン・バレー症候群や慢性炎症性脱髄性多発神経炎に対する大量免疫グロブリン静注療法や多発性硬化症・重症筋無力症に対する免疫抑制療法などがその例で、当科では多くの患者さんにこうした治療を行っています。
また、パーキンソン病やてんかんに対する薬物療法の歴史は古いですが、新薬が次々に開発され、以前よりさらに有効で副作用が少ない治療が可能となっています。
さらに当院では眼瞼けいれん、半側顔面けいれん、痙性斜頚などに対してボツリヌストキシン療法を行い、効果を上げています。

脳卒中について

最も多い神経疾患である脳卒中について当院では、神経内科医または脳神経外科医が24時間、365日病院に滞在することで、救急搬送される脳卒中の患者さんに対応し、超急性期脳梗塞に対する血栓溶解療法にも積極的に取り組んでいます。
また、急性期の治療を行った後には、患者さんの中・長期的な身体機能回復や再発予防を展望し、リハビリ病院への紹介・転院、あるいはかかりつけ医への紹介など、切れ目のない継続的な治療を実践し、地域全体で患者さんを診ていく体制を整えています。

(平成28年4月21日更新)

関連リンク

このページ先頭へ

診療スタッフ

山本 寛二(やまもと かんじ)

昭和63年卒

役 職 神経内科部長
脳卒中センター副センター長
資 格 日本内科学会総合内科専門医・認定内科医
日本神経学会神経内科指導医・専門医
日本認知症学会指導医・専門医
専門分野 神経内科領域全般、 脳卒中、パーキンソン病、認知症、末梢神経障害、ミオパチーなど

田澤 浩一 (たざわ こういち)

平成12年卒

役 職 神経内科副部長
脳卒中センター科長
資 格 日本内科学会認定内科医
日本神経学会神経内科専門医
専門分野 神経内科

近藤 恭史 (こんどう やすふみ)

平成22年卒

役 職 神経内科医長
脳卒中センター医長
資 格 日本内科学会認定内科医
日本神経学会神経内科専門医
専門分野 神経内科

このページ先頭へ

外来診療日

平成29年10月2日更新

○:初・再診  ●:再診

医師名 備考
山本 寛二    
田澤 浩一      
近藤 恭史      

このページ先頭へ

治療実績

主な対象疾患

脳梗塞、認知症、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、髄膜炎、脳炎、てんかん、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、ギラン・バレー症候群、多発性硬化症、重症筋無力症、多発筋炎 他多数の疾患