部門紹介 > 診療部

緩和ケア内科

当科の特徴および診療内容

緩和ケア内科は2009年4月よりスタートした科です。
身体症状緩和担当医と精神症状緩和担当医が単独または共同で診療を行います。

皆さまは『緩和ケア』のことをご存知でしょうか?
多くの人にとって耳慣れない言葉です。

世界保健機関(WHO)は、下記のように2002年に定義しています。

『緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、疾患の早期より痛み、身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題に関して的確な評価を行ない、それが障害とならないように予防したり、対処することで、生活の質(クオリティ・オブ・ライフ:QOL)を改善するアプローチである』

日本で緩和ケアの対象となるのは、ほとんどの場合、がんの患者さんです。
私たちは世界保健機関の定義を基本とし、がんの患者さん一人一人のご病状、お気持ちやお考え、ご家族とのつながりなどに総合的に配慮しながら、生活の質の改善を目指します。

緩和ケア内科の主な目的は、がんによる「痛み」、「息苦しさ」、「吐き気」などのからだの辛さや、「眠れないこと」、「気力が湧いてこないこと」、「がんと告げられたときのショック」などのこころの辛さをやわらげることです。
そのために、身体症状緩和担当医または精神症状緩和担当医が専門的な知識と豊富な経験に基づきながら、丁寧な面談を行い、きめ細かなお薬の調整(最適化)を実施します。

患者さんにとって、治療の面で最も頼りになる医療者といえば主治医です。
私たちは、主治医と協力したり主治医を支援しながら緩和ケアを実施します。
患者さんは、主治医が変わることなく、主治医によるがん治療と私たちによる緩和ケアを並行して受けることができます。
両者が並行して実施される形態は、『パラレルケア』と呼ばれます(図 緩和ケアの時期 参照)。

palliative_care_fig.gif

また、患者さんにとって、最も身近な医療者といえば看護師ですし、お薬の疑問は薬剤師にきくと良いでしょう。
私たちは、看護師や薬剤師などから得られる情報を最大限に活用し、私たちの緩和ケアの方針や主治医の治療の方針の参考にします。
患者さんやご家族は、ご自身のお気持ちやお考えを医師に伝えやすくなることでしょう。
緩和ケアを受けることにより痛みなどの辛さを最小限に抑えることは、化学療法などのがん治療の際に体力を低下させないために、本当に大切です。

最近は、
『緩和ケアを受けた患者さんは、受けなかった患者さんよりも平均余命が長かった』
という研究結果も報告されています。

早期から緩和ケアを始めれば、がんによる痛みを取り除くことはそれほど困難なことではありません(10人中9人において、痛みはほぼ消えます)。
痛みであれ、睡眠不足であれ、 からだこころ生活 に「気になること」があれば、お気軽にご相談ください。

このページ先頭へ

診療スタッフ

西村 秀紀(にしむら ひでき)

昭和60年卒

役 職 副院長
緩和ケア内科部長
がんセンター長・がん相談支援センター長・緩和ケアセンター長
呼吸器外科部長
乳腺外科部長
心臓血管外科部長
心臓血管センター科長
資 格 日本外科学会指導医・専門医・認定医
日本呼吸器外科学会指導医・呼吸器外科専門医
日本乳癌学会乳腺指導医・専門医
日本胸部外科学会認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
信州大学医学部臨床教授
専門分野 呼吸器、乳腺、甲状腺

青沼 架佐賜 (あおぬま けさし)

昭和56年卒

役 職 緩和ケア内科科長
がんセンター 緩和ケアセンター科長
小児科部長
資 格 日本精神神経学会専門医
日本小児精神神経学会認定医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医
日本小児科学会小児科専門医
子どものこころ専門医機構子どものこころ専門医
長野県発達障がい専門医
専門分野 発達、神経、循環器、心身症

中島 麻里子(なかじま まりこ)

平成22年卒

役 職 緩和ケア内科医師
がんセンター 緩和ケアセンター医師
内科医師
資 格 日本内科学会認定内科医
専門分野 緩和ケア内科

このページ先頭へ

外来診療日

平成30年4月11日更新

◎:完全予約制

医師名 備考
中島 麻里子 休診 休診 休診 休診 第3・5週の午前のみ
新生病院医師 休診 休診 休診 休診 第1週(9時〜12時)のみ
愛和病院医師 休診 休診 休診 休診 第2・4週(9時〜12時)のみ

このページ先頭へ

治療実績(適応疾患等)

主な対象疾患

・緩和ケア
身体症状緩和担当医、精神症状緩和担当医による専門性に基づいたケア
※緩和ケア
がんによる「痛み」、「息苦しさ」、「吐き気」などのからだの辛さや、「眠れないこと」、「気力が湧いてこないこと」、「がんと告げられたときのショック」など、こころの辛さをやわらげることを目的としたケア。