部門紹介 > 診療部

病理診断科

当科の特徴および診療内容

病理診断科では術中迅速診断を含む外科病理組織診断、細胞診断、病理解剖を行っています。
病理診断に必要な検査はほぼ当科で行っています。
病理医は、病理診断にかぎらず、臨床検査医も兼務し、患者さんの検査全般にかかわっています。

病理、細胞診断では臨床情報も重要なことから、他の診療科と十分な連携をとり、定期的な検討会も行って、患者さんの利益になる病理診断となるよう努めています。

検査の精度に関しては、日本医学会をはじめ学会で行う精度管理プログラムに参加して精度管理を行っています。
また、院内症例検討会を定期的に行ったり、学会や研究会、講習会、外部との検討会に積極的に参加することで、より質の高い検査とより正確な診断を目指しています。
しかし、診断が困難な場合もありますので他施設や学会、がんセンターなど外部へコンサルトをお願いする場合もあります。
外部へのコンサルテーションでは患者さんのプライバシーを尊重し、十分保護した上で行っています。

他の診療科の学術発表には積極的に協力しています。個々の症例発表だけではなく、臨床研究にも臨床と協力しておこなっています。

CPC(臨床病理検討会)は外部にも公開し、地域医療にも貢献できるようにしています。
病理医がいない施設からの術中迅速診断の依頼に対応し、他施設の学会発表の援助も行って地域医療連携をはかっています。

病理診断科は、表にはあらわれない、診療を支える病院の黒子のような存在です。
スタッフ一同、医療の質的向上のため努力しています。

このページ先頭へ

診療スタッフ

草間 由紀子(くさま ゆきこ)

平成16年卒

役 職 病理診断科部長
資 格 日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
専門分野 病理

このページ先頭へ

治療実績

主な対象疾患

術中迅速診断を含む外科病理組織診断、細胞診断、病理解剖