部門紹介 > 診療部

リハビリテーション科

当科の特徴および診療内容

リハビリテーション室

当院は高度医療・急性期医療を主体としています。
術前術後または発症後早期からICU、SCU、HCU・CCU、ECU、一般病棟でベッドサイドよりリハビリテーションを開始しています。
それにより廃用症候群などの二次的合併症を予防し、早期離床・早期社会復帰をすすめています。
また、地域包括ケア病棟が開設し、在宅復帰に向けてのリハビリテーションも積極的に行っています。

施設基準は脳血管疾患等リハビリテーションI、運動器リハビリテーションI、呼吸器リハビリテーションI、がん患者リハビリテーションです。

チーム医療

リハビリテーションとチーム医療


専門スタッフが医学的リハビリテーションチームを形成し、早期より患者さんへ関わっています。

チームの連携を密に図るために、カンファレンス、医療情報システムなどにより情報を共有化し、治療方針の統一、退院後の方針の決定を行っています。

リハビリテーションの計画と実施


効率的で安全な医療を患者さんに提供できるよう、人工関節置換術(股・膝)・脊椎疾患手術(頚部・腰部)・膝関節鏡手術・前十字靭帯再建術・肩腱板損傷手術・手指腱縫合術・脳梗塞などは、治療計画・実施プロセスを標準化したプログラムを導入し、医療の質の向上、医療安全対策に努めています。
リハビリテーション開始時はリハビリテーション総合実施計画書を作成し、現在の状態、目標を説明することでインフォームドコンセントに配慮しています。

他院との連携としては、転院の際に診療情報提供書を作成し、リハビリテーションの経過・内容などの情報提供に努めています。
また、脳卒中地域連携パス、大腿骨頸部・転子部骨折地域連携パスを導入し、当院から回復期の病院への転院が円滑に行えるよう、連携を構築し情報提供を行っています。

退院に際しては、必要に応じて患者さんの自宅を訪問し、住宅環境調査を実施して患者さんに必要な住宅改修や福祉用具のプランを提供する目的で、退院前訪問指導も実施しています。
退院後は必要に応じ外来でフォローアップを行いますが、通院が困難な患者さんも継続したリハビリテーションが受けられるよう、当院訪問看護ステーションよりリハビリテーションスタッフが自宅へ伺う訪問リハビリテーションも行っています。

このページ先頭へ

患者さんへ

外来にてリハビリテーション科にかかるには

各診療科(整形外科や脳神経外科、神経内科、小児科など)を受診し、リハビリテーションが必要と判断されると、医師から処方がでます。
その処方をもとに各療法士が患者さんに合った個別プログラムを立てて対応します。
定期的に主治医の診察を受けて、経過を観察しながらリハビリテーションを行います。

このページ先頭へ

診療スタッフ

中村 功 (なかむら いさお)

平成3年卒

役 職 リハビリテーション科部長
整形外科副部長
四肢外傷・機能再建センター科長
資 格 日本整形外科学会専門医・「脊椎内視鏡下手術・技術認定医」・認定脊椎脊髄病医・認定リウマチ医・認定運動器リハビリテーション医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
日本リウマチ学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
専門分野 脊椎脊髄疾患

このページ先頭へ

部門構成

理学療法部門 作業療法部門 言語聴覚療法部門

(PT:Physical therapy)

理学療法部門では、早期リハビリテーションに力を入れ、医師からの処方当日に開始する体制をとっています。

主な依頼科と対象疾患

依頼科 対象疾患
整形外科 骨折、関節疾患、脊椎疾患、腫瘍
脳神経外科 脳血管障害、脳腫瘍
神経内科 脳血管障害、神経変性疾患
内科 呼吸器疾患、廃用症候群
外科 胸腹部手術
小児科 呼吸器疾患、発達障害

治療内容

①物理療法(ホットパック、渦流浴、低周波等)
②運動療法(関節可動域訓練、筋力訓練、協調性訓練等)
③ADL訓練(歩行訓練、床上起居動作訓練等)など

退院に際しては福祉用具、住宅改修の指導も行っています。
リハビリテーションは「痛い」というイメージを持っているようですが、当院では運動学に基づいたアプローチを実践し、疼痛を極力抑えた治療に心掛けています。

PT

(OT:Occupational Therapy)

作業療法部門では、脳神経外科・神経内科領域において、脳卒中などを中心に、早期離床を実現するようにベッドサイドや病棟での起居動作・食事動作など日常生活活動を獲得するための治療を行い、併せて運動や感覚の障害に対する治療を行っていくことで、効率よく急性期リハビリテーションから回復期リハビリテーションに連携していくこと実現しています。

整形外科領域では、手指・前腕部の骨折や腱断裂などを中心に、術後に装具を個々に合わせて作製し、装具を使った治療や徒手的な治療などを組み合わせて、拘縮や癒着などの二次的な障害を防ぎながら適切で効率的な治療を進めてまいります。

外科的な手術や安静臥床などにより廃用症候群などの機能低下をきたした患者さんに対しても日常生活活動の再獲得を通して家庭復帰・社会復帰を実現するように支援いたします。
外来にて小児の発達障害の子どもさんに対して、発達の状態に合わせた運動や発達に大切な感覚遊びを取り入れた訓練及び家族指導などを行っています。


(ST:Speech-language-hearing therapy)

言語聴覚療法部門では、近年増加の一途をたどる摂食嚥下障害に対するニードが最も高く、診療科を越えて依頼の多い分野となっています。
言語面では脳血管障害後遺症を中心に、失語症や運動障害性構音障害に対する機能回復訓練を行っています。
コミュニケーション上有効な機能の回復が難しい場合には代償手段の獲得訓練及び環境設定も併せて行っています。

また、高次脳機能障害および認知症に対する評価・訓練により、家庭(社会)復帰への援助を行います。
外来では小児のコミュニケーション障害・発音障害に対応し、家族指導や地域社会との連携を図りながら発達全体を見据えた援助を目指しています。

ST

このページ先頭へ

有資格者について

平成30年8月現在
理学療法士 16名
作業療法士 8名
言語聴覚士 6名
がんのリハビリテーション講習修了者 9名
認定理学療法士(呼吸) 1名
呼吸療法認定士 4名
日本糖尿病療養指導士 1名
成人ボバースアプローチ認定基礎講習修了者 1名
骨粗鬆症マネージャー 3名
国際PNF協会認定 PNF1.2.3a 1名
福祉住環境コーディネーター2級 7名
東北信地域糖尿病療養指導士 1名
促通反復療法入門講座修了者 1名

このページ先頭へ

フォトアルバム

リハビリ庭園

リハビリテーション科前 庭園(ヘリポート横)