部門紹介

看護部

看護部の理念

私たちは、患者・市民の皆さま一人ひとりに寄り添い、質の高い看護を提供する

私たち看護師は、病院の理念を、質の高い看護という形で患者さんに提供する使命があります。
より質の高い看護を目指し、それを提供することで、患者さんのニーズに応え、信頼を得、結果として地域の皆さまや周辺の医療機関から高い評価をいただき、病院の運営にも貢献しなければなりません。
「質の高い看護を提供する」とは、患者さん一人ひとりの生き方・考え方を尊重すると共に、五感による高い感性や確かな知識・技術に基づいた、一人ひとりの患者さんに合った、患者さんが本当に受けたいと思えるような看護をいつも変わらぬレベルで実践できることであると考えます。

私たちは、患者さんの気持ちに届く、“質の高い看護”を提供することによって、患者さんやご家族からより一層厚い信頼をいただくことで、私たち自身が誇りを持って、日々活き活きと看護が提供できることを目指しています。

看護部の基本方針

1 人権を尊重し、安全で安心な看護を実践する

私たち看護師は、患者さんやそのご家族の人権や価値観、習慣、信条が尊重できるような環境作りをすると共に、確かな知識・技術・判断に基づいた安全で安心な看護を提供する責任があります。
患者さんの信頼を得、質の高い看護を提供するために必要な基本的な項目であると位置付けています。

2 地域との連携を図り、継続した看護を提供する

私たち看護師は、患者さんが入院するときから、退院後の生活を見据え、ご家族も含めて関わりを持たせていただいています。
退院後も患者さんが安心して生活できるよう、患者さんと関わる地域の関係施設も含めて、様々な情報交換を行い、切れ目のない看護の提供に努めています。

3 知識・技術・感性を磨き、専門職として自律する

私たち看護師は、医療の進歩、社会の変化に対応する高度な専門能力を身につけるため、知識や技術・感性を磨き、日頃から自己研鑽に努めています。仕事に対する誇りを持って自らを律し、患者さんの気持ちにしっかりと寄り添えるよう、自分の感性を磨くことはとても大切なことであると考えます。

このページ先頭へ

モジュール型プライマリーナーシング

  • 入院された患者さんの看護を、入院から退院まで責任をもって行う
  • 電子カルテ、カンファレンスを通じで、プライマリ−ナースが立案した看護計画・ケアプランをスタッフ間に伝える
  • 不在時には代行してもらい、継続的な責任あるケアが行えるよう配慮する

目的

患者さんにとってはより安心して看護が受けられ、看護師にとっては責任ある積極的看護ができ、やりがいにつながる

看護体系図

PNS-L=チームリーダー
PNS-SL=チームサブリーダー
PNS=プライマリーナース

このページ先頭へ

勤務体制

2交代制

日勤・・・8:30〜17:15
夜勤・・・16:45〜8:45
※夜勤時の休憩・仮眠の確保については、看護職員各自が正しい認識と自覚を持ち、協力して確保できるよう努めています。