長野市民病院

ページのトップへ

クリニカルパスについて

医療機関には、医療の質を視覚化し、評価し、向上させる努力が求められています。安全を確保し、診療ガイドライン等を参照し、標準的かつ新しい医療を提供することは医療機関の義務でもあります。このような医療を実践していくにあたり、クリニカルパス(以下「パス」)は有効なツールです。当院では、本指針によりパスの普及を行っています。

入院診療計画書 写真

別名:クリティカルパス
略称:パス、クリパス

治療、検査やケアなどを縦軸に、時間軸を横幅にとってつくった診療スケジュール表をいいます(オーバービュー)。

診療計画をパス(みえる)化し、患者さんとのコミュニケーションをはかりながら、チーム医療を展開します。
パスから得られた診療情報を未来の患者さんの診療に役立てます。

電子クリニカルパス一覧

長野市民病院の電子クリニカルパス一覧は、以下より確認いただけます。

連携パスについて

当院では地域完結型医療の推進を図り、切れ目のない医療の提供を患者さんに行うために地域連携パスを作成・運用しております。 地域がん診療連携拠点病院として、がんの地域連携も推進していきます。

クリニカルパス名称
脳卒中
大腿骨頸部骨折
胃がん
大腸がん
肺がん
肝がん
乳がん
前立腺がん
糖尿病
循環器疾患(冠動脈形成術後)