救急診療について

19:00〜翌6:00まで 026-295-1291(直通)
上記以外の時間帯 026-295-1199(代表)
救急診療について
  • 医療関係者の方

  • 採用情報

  • 臨床研修・後期研修

お知らせ

県内初!佐近医師が消化器外科領域のロボット支援手術プロクターに認定されました

2023/10/16

当院 消化器外科副部長の 佐近 雅宏医師 が、県内初となる日本内視鏡外科学会ロボット支援手術プロクター(消化器・一般外科)に認定されました。

消化器・一般外科領域の認定は術式ごとに行われ、佐近医師の取得した「ロボット支援胃切除術のプロクター認定」では、主たる術者としてロボット支援胃切除術を40例以上(うち、5例は食道切離・再建を伴う症例でその中に胃全摘術2例以上を含む)が求められました。

この認定制度は、日本内視鏡外科学会が消化器・一般外科ロボット支援手術のプロクター(手術指導医)を認定し、円滑且つ安全なロボット支援手術の導入に寄与するよう制定しているものであり、消化器・一般外科ロボット支援手術の健全な普及と進歩を促し、国民の福祉に貢献することを目的としています。
ロボット支援手術は、内視鏡下の手術野で特殊な器具を用いて行う手術であり、高度な技術が要求されます。 また、手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」は術者への触覚によるフィードバックが無いため手術操作の習得には独自の教育プログラムが必要となります。
この手術において、術者として標準的な技量を取得し、他者によるロボット支援手術を 円滑且つ安全に指導できる(=プロクタリング)指導者(=プロクター)として認定されました。

ロボット手術センター

最新情報

  • お知らせ

    2024年5月 人間ドック予約枠に空きがあります

  • お知らせ

    感染対策に関するお知らせ

  • お知らせ

    日本胃癌学会認定施設Bの認定について

  • お知らせ

    病院機能評価(3rdG:Ver.3.0)の認定について

  • お知らせ

    2024年度 長野市民病院看護部教育プログラム 公開研修のご案内

なにをお探しですか?

ページトップへ戻るボタン