救急診療について

19:00〜翌6:00まで 026-295-1291(直通)
上記以外の時間帯 026-295-1199(代表)
救急診療について
  • 医療関係者の方

  • 採用情報

  • 臨床研修・後期研修

ロボット手術センター

ロボット手術センターのご案内

長野市民病院では、2013(平成25)年4月5日より手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」を導入し、より低侵襲(=身体への負担が少ない)で精巧な手術を提供することに努めてきました。
今までの経験を生かし、より安全で効率的に「ダ・ヴィンチ」が運用できるように、2022(令和4)年4月、「ロボット手術センター」を開設しました。

ご挨拶

2022(令和4)年度診療報酬改定にともない、ロボット支援手術はこれまでの19術式に加え新たに8術式が保険適用となりました。これを機に、ロボット支援手術を受ける患者さんが急速に増えていくことが予想されます。
これからも安全で質の高いロボット支援手術を展開していくためには、統括する中枢が必要と考え、センター化を図りました。
「ロボット手術センター」は、診療科を超えたスキルの向上や情報共有のパイプ役を務めることを目的とします。

センター長が考えるダ・ヴィンチの特性

一般的に、ダ・ヴィンチ手術の長所は、低侵襲(痛みや出血が少ない)、精巧な手術手技が可能と立体視のできる拡大視野の3つが指摘されていますが、私が実感するダ・ヴィンチ手術の最も優れた特徴は、肉眼では直接目視できない部位(例えば骨盤の奥深くや、臓器と臓器の隙間など)へ、両手の手術器具と視覚(内視鏡)が同時に術者の意志で瞬時に移動でき、そこで繊細な操作を可能にしたことにあります。 例えていえば、自分がミクロな人間になって、手術したい部位のすぐそばまで行って、丁寧によく観察しながら作業するというイメージです。外科医は、この操作をトレーニングによって簡単に身につけますが、あまりにも直感的にできるので、あまりダ・ヴィンチの長所として認識されていません。この利点があるために、触覚がないにも関わらず(不思議なことに触覚は視覚で代用されるようになります)、ダ・ヴィンチ手術がここまで外科医を惹きつけてきたのだと思います。
さらに将来は、拡張人間工学や人工知能などとも親和性を持って発達していくような予感がいたします。またダ・ヴィンチのミニチュア版ができれば、現在、顕微鏡下で行うような手術も可能になるのではないでしょうか。患者さんに、より良い手術が提供できますように、この素晴らしい機器の有効かつ安全な運用が、ロボット手術センターの役割であります。

ロボット手術センター長
加藤 晴朗

長野市民病院のダ・ヴィンチの導入

長野市民病院では、2013(平成25)年4月5日より手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」を使用した手術を行なっています。
ダ・ヴィンチの導入は、県内では信州大学医学部附属病院に続き2施設目ですが、当院が導入した「ダ・ヴィンチSi」は第3世代にあたり、県内では初の導入となりました。
そして、2019(平成31)年4月からは、第4世代にあたる「ダ・ヴィンチX」を導入しています。

手術支援システム ダ・ヴィンチ

がん診療についてページで、ダ・ヴィンチによる前立腺がん治療、呼吸器外科領域治療などについてご紹介しております。

詳しく見る
ダ・ヴィンチ
ダ・ヴィンチXiサージカルシステム

ダ・ヴィンチとは

ダ・ヴィンチは、1990年代に米国で開発され、世界中で導入が進んでいる手術支援ロボット(遠隔操作型内視鏡下手術システム)です。
より低侵襲(=身体への負担が少ない)で精巧な手術を提供することが可能で、日本では2012年4月に前立腺がん摘出術において保険適用され、その後も腎臓、直腸、胃、肺、子宮などさまざまな臓器に適用が拡大されています。

長野市民病院のダ・ヴィンチの導入は、県内では信州大学医学部附属病院に続き2施設目ですが、当院が導入した「ダ・ヴィンチSi」は第3世代にあたり、県内では初の導入となりました。
2019(平成31)年4月からは、第4世代にあたる「ダ・ヴィンチX」を導入しています。

ダ・ヴィンチの仕組み

サージョンコンソール

手術支援システム「ダ・ヴィンチ」の、司令塔です。

術者は手足、そして視覚を駆使することで、「ダ・ヴィンチ」のすべての操作を行うことができます。

開放手術以上に、術野を実際に目で捉えながら手術器具を直感的に操作することができます。

マスターコントローラ

鉗子(インストゥルメント)や内視鏡カメラを自在に操作できます。

ステレオビューワ

双眼鏡のようなレンズを覗き込むと、内視鏡が捉えた患者の術野がハイビジョンの鮮明な三次元(3D)画像で観察できます。

フットスイッチ

瞬間的に鉗子や3D内視鏡の切り替えができます。

ペイシェントカート

患者さんの患部に挿入し、実際に手術操作を行う部分です。

ペイシェントカート本体は、3本の鉗子を取り付けるアーム(インストゥルメントアーム)とセンターの内視鏡カメラを取り付けるアーム(カメラアーム)からなります。
手術時は、専用の滅菌ドレープで覆います。

マスターコントローラからの指示を受けて、患部に挿入されたアームや先端の鉗子(インストゥルメント)が動いて手術を行います。
本体の底には モータードライブを装備しており、少ない力でもカートを移動させることができます。

インストゥルメントアームとカメラアーム

①インストゥルメントアーム(3本)
②カメラアーム(1本)

手術時の様子

①滅菌ドレープ

ビジョンカート

高解像度の三次元(3D)ハイビジョンシステムを搭載しています。

上部にはタッチスクリーンモニターがあり、術野が映し出されます。
術者以外の医師・看護師も術中の様子をリアルタイムで把握できます。

モニタの上部にはマイクがあり、サージョンコンソールにいる術者と音声コミュニケーションを容易に取ることができます。

タッチスクリーンモニタ

タッチスクリーンモニタでは、サージョンコンソールで操作をしている術者と同じ映像を、2Dモニタで見ることができます。

タッチスクリーン上に指で線などを描いて、術者に視覚的な情報を伝えることもできます。

ダ・ヴィンチを用いたロボット手術のメリット

ダ・ヴィンチ手術のメリット

1. 体への負担が少なく、回復の早い手術

鉗子

ダ・ヴィンチを使ったロボット支援手術は内視鏡手術の一種で、大きな切開はせず、体の何か所かだけ小さな穴を開け、そこに内視鏡カメラや鉗子を差し込んで手術を行います。

したがって、出血量や痛みは少なく、患者さんの体への負担が少ない低侵襲手術なので、術後の回復も早いのが特徴です。

安全性 より精度の高い手術が可能

従来の内視鏡手術
  • 震えると組織の剥離、縫合操作がうまくいかないことや、自然に逆らった動きなどの操作テクニックの習熟が必要とされる
ダ・ヴィンチによる手術
  • 手ぶれや誤作動を防ぐ機能をはじめ、大きな動作で細かな操作ができる変換機能があり、繊細な剥離や縫合などの作業精度が向上する

微細な動き(左)とマスターコントロール(右)

2. 人間には真似できない超精密な動きを実現

「ロボット」と聞くと、機械が自動的に動いて勝手に手術を行うようにイメージされる方も多いと思いますが、実際には、医師が遠隔操作(リモートコントロール)により鉗子やメスなどの手術器具が付いたロボットアームを駆使して手術を行います。 このロボットアームは、人間の手では不可能な精密かつ可動域の広い動きを実現し、手ぶれまで制御してくれるため、非常に正確な手術を行うことができるのです。
これにより、臓器の機能温存ができる可能性も高くなります。

操作性 人間の手首以上の稼働域

従来の内視鏡手術
  • 鉗子を右に動かす場合は手は左、上に動かす場合は下と反対に動かさなければならず、自然に逆らった動きが必要となる
  • 鉗子は、まっすぐで先端は回転と開閉のみ動かせる
ダ・ヴィンチによる手術
  • 動かす方向が自然なため、直感的に操作ができる
  • 鉗子は手首を持ち、あらゆる方向に動かすことができる

3.深い部位までよく見える3D拡大内視鏡カメラ

ダ・ヴィンチのモニターには三次元(3D)ハイビジョンモニターが採用されており、奥行きまでわかる立体的な映像として映し出されます。
さらにズーム機能により、体内の奥深くに位置する臓器の細かな部分まで拡大されてよく見えるので、手術の質は格段に上がります。

視野 3D画像での手術が可能

従来の内視鏡手術
  • 術者は、助手が提供するモニター画像を見ながら手術器具を操作する
  • モニターに映しだされる視野は狭く、二次元の平面的な世界なので、距離感や遠近感に乏しい
ダ・ヴィンチによる手術
  • モニターが三次元(3D)なので、立体的に患部が見ることができ、画像を拡大し安全に操作ができる
  • 術者は、自分の見たいところを自分の操作で移動させることができる
  • 画面のすぐ下でロボットを操作するため、手首から先が本当に腹腔内に入ったような、現実の手術に近い感覚になり、術者のストレスが軽減される

長野市民病院のダ・ヴィンチ手術の症例数

長野市民病院では、2013(平成25)年4月より、前立腺がんを中心に多くの症例を重ねてきました。
2017(平成29)年5月には、約4年あまりで500例に達しました(全国で24施設目、甲信越地区初)。
2024(令和6)年4月末現在では、1,900例にまで達しています。

2024(令和6)年4月30日現在の
症例数の内訳

手術 件数 開始年月
前立腺がん(摘除術) 1,439例 2013年(平成25年)4月〜
腎臓がん(部分切除) 178例 2016年(平成28年)6月〜
膀胱がん 93例 2018年(平成30年)7月〜
胃がん 70例 2016年(平成28年)9月〜
縦隔腫瘍 20例 2018年(平成30年)11月〜
肺がん 28例 2022年(令和4年)4月〜
直腸がん 33例 2014年(平成26年)3月〜
子宮疾患 14例 2022年(令和4年)7月〜
骨盤臓器脱
(子宮脱、膀胱瘤、直腸瘤)
4例 2023年(令和5年)7月〜
膵腫瘍 8例 2023年(令和5年)2月〜
その他 13例
総計 1,900例

なにをお探しですか?

ページトップへ戻るボタン