病院からのお知らせ

手術支援システム「ダ・ヴィンチ」による治療を開始しました

davinci-1.jpg

「ダ・ヴィンチ」は、1990年代に米国で開発され、世界中で導入が進んでいる最新鋭の手術支援ロボット(遠隔操作型内視鏡下手術システム)です。
この「ダ・ヴィンチ」を使ったロボット支援手術は内視鏡手術の一種で、大きな切開はせず、体の数か所にだけ穴を開け、そこに内視鏡カメラや鉗子(かんし)を差し込んで手術を行います。

当院では、平成25年4月より手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」を使用した前立腺がん摘出手術を行っております。


詳しくはこちらから、ご覧ください。


davinchi-main.jpg