長野市民病院

ページのトップへ

臨床研究等に関する情報公開について

外部データベース事業への参加について

当院では「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」等(文部科学省・厚生労働省)に基づき、インフォームド・コンセントを受けない場合において、当該研究の公開すべき情報を以下のとおり掲載いたします。

臨床研究へのご協力のお願い

当院では、医療の発展と質の向上を目的として、臨床研究に取り組んでおります。
臨床研究を行う上で、〈対象となる方に不利益が及ぶことがないか〉、また、〈人権が守られた内容となっているか〉等について、当院医倫理委員会で審査を行っております。
こうした臨床研究の内、患者さんの治療や治療方針への侵襲や介入が無く、診療データ等の情報や採取した血液や尿などの残余検体のみを用いる学術研究では、国が定めた指針(人を対象とする医学系研究に関する倫理指針)に基づき、必ずしも対象となる患者さんに直接同意を得るとは限りませんが、当院では研究に関する情報を公開し、患者さんが研究に参加することを、拒否できる機会を設けております。
研究のために、ご自身の治療データや検体が使用されることを望まない方は、以下の連絡先にお申し出ください。このような手法を「オプトアウト」といいます。
なお、研究への不参加を申し出られた場合でも患者さんはなんら不利益を受けることはありません。

連絡先:長野市民病院 臨床試験運営事務局 TEL:026-295-1199(代表)

研究部門 研究名
外科 Modified Glasgow Prognostic Score(mGPS)と好中球リンパ球数比(NLR)の胃癌術後合併症予測因子としての有用性の検討
急性虫垂炎穿孔予測因子に関する検討
急性胆嚢炎に対する手術に関する検討
A retrospective analysis of esophageal cancer patients treated with Nivolumab.
薬剤部 子宮体がん術後AP(ドキソルビシン+シスプラチン)療法におけるペグフィルグラスチム(PEG-G)一次予防投与の有用性の検討
抗菌薬適正使用支援チーム専任薬剤師介入によるバンコマイシン(VCM)初回トラフ血中濃度適正化への取り組み
高齢者の肺炎治療における入院前経口抗菌薬の影響についての調査
呼吸器内科 PD-L1高発現未治療進行非小細胞肺癌患者におけるペムブロリズマブおよびペムブロリズマブ併用化学療法の多施設共同観察研究
循環器内科 総大腿動脈の治療の現状と臨床成績に関する後ろ向き研究
冠動脈びまん性病変に対する経皮的冠動脈形成術における48mm長の薬剤溶出性ステント単独治療の有用性と安全性に対する検討
臨床検査科 臨床検体から分離された小型コロニー変種 Small-colony variants (SCVs) の遺伝子解析、これらSCVs株に対する細菌検査法の検討
病理診断科 硬化性肺胞上皮腫および肺乳頭腫/腺腫の臨床病理学的特徴に関する研究

これらの研究において結果は学会等で発表されることがありますが、個人を特定する情報は公開いたしません。