長野市民病院

ページのトップへ

新型コロナウイルス感染症の5類感染症移行にあたって(診療費等についてのお知らせ)

病院長 池田 宇一

2023年(令和5年)5月8日に新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけが、季節性インフルエンザと同じ「5類」に移行します。感染者の外出自粛や医療費の負担、マスクの着用、医療機関への受診など、これまで取り組んできた感染対策の多くが変わります
ただし、ウイルスの性質が変わるわけではないため、いつ、どこで、誰が感染してもおかしくありません。そうした状況を理解していただき、入院生活をお過ごしください。
また、罹患した場合は、他の疾患と同じく、一部を除き保険診療となりますのでご承知おきください。
当院は、引き続き、安心して入院生活が送れますように基本的な感染対策を徹底してまいります。
ご理解とご協力をお願いいたします。

詳しくはこちらからご覧ください。

マスクの着用についてのお願い

2023年(令和5年)3月13日にマスク着用が自己判断とされましたが、当院では、重症化リスクの高い患者さんが多く入院されているため、来院されるすべての皆さまにマスク着用をお願いしております。
病室内で病院スタッフや同室者と会話をかわす際や検査等で病室外に出られる場合にもマスクの着用をお願いします。
なお、医師が診断上必要と認める場合に新型コロナ検査を実施しますことをご承知おきください。