がんに関する診療実績

がんに関する診療統計について

当院のがんに関する診療統計を公開しております。
部位別がん罹患数やがんに関する診療実績(累計)、各科統計(単年)など、がんに関する臨床統計をまとめて掲載しております。
下記のページにて、ご覧ください。

このページ先頭へ

がん登録について

「がん登録」は、がんの診断、治療、経過などに関する情報を集め、保管、整理、解析する仕組みのことです。
毎年どのくらいの人ががんで亡くなっているか(死亡数)、毎年どのくらいの数のがんが新たに診断されているか(罹患数)、がんと診断された人がその後どのくらいの割合で生存しているか(生存率)、といったがんの統計情報は、国や地域のがん対策を立案したり評価したりするのにとても重要です。
国立がん研究センターがん対策情報センターでは、2016年1月から開始された「全国がん登録」とともに「院内がん登録」と「地域がん登録」のデータを収集、整備しています。

当院は2007年1月31日付で「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けており、その要件でもある院内がん登録については、厚生労働省健康局長総務課長が定める「標準登録様式」に基づき、実施しています。
また、「がん登録等の推進に関する法律」施行後は同法に基づき、登録を行っています。

このがん登録で収集されたさまざまな情報は、自院の診療実態を把握し、医療の質の向上を図るために活用したり、国や都道府県ではがん対策の企画立案やがん診療の分析および評価を行うことなどに活用されます。
また、がん診療の情報を適切に公表することにより、医療機関を受診する際に、患者さんおよびそのご家族などが参考にしていただくことができます。

当院では収集した自院のがん診療に関する情報を以下のように利用・提供しています。

  • 国立がん研究センターがん対策情報センターへの提供
  • 地域がん登録・全国がん登録への提供
  • 院内がん患者さんの生存率の計測(予後調査)
    ※ 院内で予後情報の把握ができない場合は、国立がん研究センターによる予後調査 支援事業等により各市区町村へ住民票照会による確認を行います。
  • 自施設のがん診療実態の把握
  • 診療活動の支援、研究、教育のための資料提供
  • 対がん医療活動の企画、評価のための資料提供
  • 臨床疫学研究の支援
  • 患者さんへの情報公開の基礎資料

これらのうち、患者さんにとって同意しがたいものがある場合には、当院診療情報管理室まで遠慮なくお申し出下さい。
お申し出がないものについては同意いただけたものとして取り扱わせていただきます。
ただし、全国がん登録に関しては、がん登録等の推進に関する法律により、登録が義務化されているため、患者さん本人の同意を得なくてもよいとされており、登録・情報提供の拒否はお受けいたしかねますのでご了承ください。
がん登録で取り扱う情報は極めて重要な個人情報です。
当院では、「個人情報の保護に関する法律」および当院の「 個人情報保護方針」に基づき、適切に保護・管理しております。 
がん登録の趣旨をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

平成29年5月30日
長野市民病院 病院長

このページ先頭へ

当院のがん登録について(実績)

当院は、地域がん診療連携拠点病院のため、院内がん登録を行い国立がん研究センターへ情報提供をしています。
2011年7月に、国立がん研究センターが初めて発表したがん診療連携拠点病院のデータは、全国のがん診療連携拠点病院が登録した、2008年のがん患者約43万人の発症部位や治療法などのデータを集計したものです。
その中で当院は、症例数において長野県内のがん診療連携拠点病院7病院のうち、もっとも多い1,337例でした。

部位別がん罹患数 2011〜2015年