救急診療について

19:00〜翌6:00まで 026-295-1291(直通)
上記以外の時間帯 026-295-1199(代表)
救急診療について
  • 医療関係者の方

  • 採用情報

  • 臨床研修・後期研修

がん患者の就労支援

がん患者さんにとって「働く」ことは、生活の糧でもありますが、「生きることそのものの糧」という意味合いが強いです。働くことで、すなわち就労者として、社会における役割を見出していた方が、ある日がんという病名がついたことでその役割を終える。それはまさにアイデンティティが引きはがされるような苦痛であり、その苦痛は心身に大きな影響を与えます。このような患者さんのに対して、私たち医療者側は、痛みの“緩和ケア”の観点から支えてまいります。

緩和ケアは、がん診断時から始めるのが理想的です。そこで当院は、がん看護専門看護師、医療ソーシャルワーカーのほかに、労働問題や社会保障制度に詳しい特定社会保険労務士(両立支援スーパーバイザー)を常勤で配置し、早期から専門的知見を交えて患者さんの社会的苦痛を和らげてまいります。さらに産業保健センターやハローワーク両立支援ナビゲーターなど地域の外部資源とも密に連携していますので安心です。
がん患者さんと医療者が一緒に治療と仕事の両立を考え、患者さんの社会的役割を失わせないこと。これが当院の就労支援の目的です。

なにをお探しですか?

ページトップへ戻るボタン