長野市民病院

ページのトップへ

手術支援システム ダ・ヴィンチ

ダ・ヴィンチの導入にあたって

長野市民病院では、2013年(平成25年)4月5日よりダ・ヴィンチを使用した手術を行なっています。
ダ・ヴィンチの導入は、県内では信州大学医学部附属病院に続き2施設目ですが、当院の「ダ・ヴィンチSi」は第3世代にあたり、県内では初の導入となりました。

この手術は、2013年(平成25年)に前立腺がん摘出術、2016年(平成28年)に腎臓がんの部分切除術が保険適用となりましたが、その後も直腸、胃、肺、子宮など、さまざまな臓器への適用が拡大されています。
当院では前立腺がんに続き、腎臓がん(部分切除術)、胃がん、膀胱がん、縦隔腫瘍へのダ・ヴィンチ手術も開始しています。
※開始年、症例数は下部の「当院のダ・ヴィンチ手術の症例数」よりご覧いただけます

関連コンテンツ

当院のダ・ヴィンチ手術の症例数

長野市民病院では、2013年(平成25年)4月に手術支援ロボット『ダ・ヴィンチ』を導入し、前立腺がんを中心に多くの症例を重ねてきました。
2017年(平成29年)5月には、約4年あまりで500例に達しました(全国で24施設目、甲信越地区初)。
2020年(令和2年)4月現在では、1,055例にまで達しております。
今後も、低侵襲でより高い精度の手術が実現してまいります。

【2020年(令和2年)4月30日現在の症例数の内訳】

手術件数開始年月
前立腺がん(摘除術)879例2013年(平成25年)4月〜
腎臓がん(部分切除)103例2016年(平成28年)6月〜
胃がん34例2016年(平成28年)9月〜
膀胱がん28例2018年(平成30年)7月〜
縦隔腫瘍7例2018年(平成30年)11月〜
その他4例2014年(平成26年)3月〜