長野市民病院

ページのトップへ

脳血管内治療科Cerebrovascular

脳血管内治療科について

“切らずにカテーテルで直す”脳血管内治療

脳や頸(くび)の血管の病気に対してカテーテルを使って治療を行う診療科です。
脳血管内治療は、手首や足の付け根の血管からカテーテルと呼ばれる細いチューブを脳や頚部の病変部へと到達させて治療を行います。
体に傷を創ることはなく、痛みもありませんので、患者さんの体への負担が少ないのが特徴です。術後は脳卒中の専門病棟である脳卒中ケアユニット(SCU)で集中治療を行い、早期から専任の療法士によりリハビリを行っています。

2019年2月1日
脳血管内治療科部長 草野 義和