救急診療について

19:00〜翌6:00まで 026-295-1291(直通)
上記以外の時間帯 026-295-1199(代表)
救急診療について
  • 医療関係者の方

  • 採用情報

  • 臨床研修・後期研修

薬剤部

薬剤部

「くすりのプロ」として院内各部署と連携する

お薬窓口

薬剤部では、入院患者さんや外来患者さんに有効で安全な薬物療法を提供するため、下記の理念、基本方針のもと日々業務を行っています。
有効で安全な薬物療法を行うためには患者さんの正しい理解が欠かせないものとなりますので、お薬について疑問や不安に思うことがございましたらお気軽にご相談ください。

理念

長野市民病院の理念に基づき、薬剤師ひとりひとりが“くすりのプロである”という自覚を持ち、医師、看護師および院内各部署と連携をとりながらチーム医療の一員として医療に貢献する。

基本方針

  1. 有効で安全な薬物療法を提供するために、薬剤投与の基本“5R+1F”を実践する

    • Right Drug (正しい薬)
    • Right Patient (正しい患者)
    • Right Time (正しい時間)
    • Right Route (正しい経路)
    • Right Amount (正しい投与量)
    • Follow Up (モニタリング)
  2. 新しい知識、技能の習得に貪欲に取り組む

  3. 薬剤師の職能を生かし、チーム医療に基づいた適切な薬物療法に貢献する

目標

安全キャビネットでの抗がん剤調製

  • 治験を推進する
  • チーム医療の一員として、がん化学療法や緩和医療に貢献する
  • 服薬指導業務の充実を図る
  • DI業務(医薬品情報管理業務)の充実を図る
  • 抗菌薬(抗生物質等)の適正使用に貢献する
  • 各種学会・研究会への積極的な参加・発表を行う

有資格者一覧(2023年5月現在)

日本医療薬学会 がん指導薬剤師 2名
日本医療薬学会 がん専門薬剤師 2名
日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師 2名
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 2名
日本臨床栄養代謝学会 栄養サポートチーム(NST)専門療法士(薬剤師) 4名
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士(薬剤師) 4名
日本老年薬学会 老年薬学認定薬剤師 1名
日本臨床救急医学会 救急認定薬剤師 1名
日本麻酔科学会 周術期管理チーム認定(薬剤師) 1名
日本骨粗鬆症学会 骨粗鬆症マネージャー(薬剤師) 1名
日本アンチ・ドーピング機構 公認スポーツファーマシスト 2名
日本医療薬学会 医療薬学専門薬剤師 2名
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 4名
日本薬剤師研修センター 日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師 8名
日本病院薬剤師会 日病薬病院薬学認定薬剤師 10名

当院は、日本医療薬学会がん専門薬剤師研修施設および、日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師研修施設に認定されています。
また、日本臨床腫瘍薬学会がん診療病院連携研修施設にも認定されています。

広報誌「あした元気になあれ vol.71」

広報誌「あした元気になあれ vol.71」で薬剤部が特集されています。ぜひご覧ください。

くすりの視点から医療を支える

  • P.1:“ジェネラリストとしての自覚”(薬剤部部長の挨拶)
  • P.2:薬剤師だからできること(専門薬剤師と認定薬剤師の紹介)
  • P.3~4:薬剤師 活躍の現場(薬剤師の業務を紹介)
  • P.5:薬剤師の1日に密着!(薬剤師の1日の業務を紹介)
  • P.6:くすりのあれこれ(お薬に関するQ&Aを紹介)

患者さんへ

当院では原則、外来受診の際には院外処方せんを発行しています。 これは、厚生労働省がすすめている医薬分業によるものです。 院外処方せんをお持ちいただき、「かかりつけ薬局」でお薬をもらっていただきます。

かかりつけ薬局について

病院や診療所で院外処方せんをもらった場合は、「かかりつけ薬局」を決め、すべて一つの薬局でもらうようにすることをおすすめします。
かかりつけ薬局ですべての薬をもらうことで、病院からのお薬の相談に応じてもらえます。
かかりつけ薬局では、薬の服用の記録をつけ、また、同時にアレルギーなどの副作用が出た薬を記録し、今回出された薬が安全かどうかをチェックしています。

院外処方せんへの血液検査値掲載について

長野市民病院では地域の保険薬局と連携し、外来患者さんに、より安全で安心な医療を提供することを目的として、2018年2月1日より、患者さんの血液検査結果の一部を院外処方せんに掲載しております。

検査値を掲載するメリット
  1. 保険薬局では検査値などを参照することで、お薬の量や副作用の初期症状などを確認しやすくなり、お薬の内容が個々の患者さんの状態に合っているかが確認出来ます。
  2. 保険薬局の薬剤師による検査値を含めた処方内容の確認により、気になる点があれば保険薬局より長野市民病院に問い合わせがあります。
  3. かかりつけ薬局では掲載された検査値から、当院のお薬だけでなく他院からのお薬の安全性も確認することができます。
検査結果を薬局に伝えたくない場合は
  1. 院外処方せんを点線部分で切り離し、処方せんのみを保険薬局にお渡しください。
    また、検査値を印字せずに処方せんを発行することもできますので、その旨、医師にお伝えください。
  2. お薬による治療を安全に行うためには検査値の確認は重要です。検査値を保険薬局に渡されることをお勧めします。

院外処方せんをお受け取りになる患者さんへ

2020年11月4日より、当院で発行する院外処方せんは、後発品が存在する医薬品を順次『一般名処方』の記載に変更しております。
院外処方せんへの薬剤の記載が変わりますが、一般名処方となりましても、「先発医薬品」、「後発医薬品」のどちらでも選ぶことができ、保険薬局の薬剤師とご相談し、これまで通りのお薬を保険薬局で調剤していただけます。

院外処方せんへの記載は、以下のように変更されます。

例)

変更前

  • ロキソプロフェンナトリウム錠60mg「日医工」 3錠
  • レバミピド錠100mg「オーツカ」 3錠
    日3回 毎食後 7日分

変更後

  • 【般】ロキソプロフェンNa錠60mg 3錠
  • 【般】レバミピド錠100mg 3錠
    1日3回 毎食後 7日分

院外処方せんの様式変更について

2020年12月25日より院外処方せんに「QRコード」「身体情報」の記載を開始しました。
また以前から記載しておりました検査値についても一部項目追加を行います。
読み取り用のQRコードの印字は、保険薬局と連携し、外来患者さんにより安全で安心な医療を提供することを目的とします。
院外処方せんに記載された患者情報や保険番号などの情報を格納したQRコードを印字することにより、保険薬局で情報を読み取ることが可能となり、処方受付時の入力時間が短縮され、素早くデータを取り出せる他、保険薬局における処方の転記入力ミスの減少、薬品の適正使用、副作用防止などに役立つと考えられます。
薬物治療を安全・安心に行うために、処方せんの正確な情報の伝達は大変重要ですので、表示された処方せんを切り離さずに保険薬局に渡されることをお勧めいたします。

院外処方せんの様式変更について

保険薬局の皆さまへ

平素より当院発行の院外処方せんに応需いただき、ありがとうございます。
このページでは、保険薬局の皆さまへ長野市民病院からのお知らせを掲載いたします。

院外処方せんへの血液検査値掲載について

長野市民病院では地域保健薬局との連携の一環として2018年2月1日より、患者さんの検査値の一部を処方鑑査に必要な情報として、院外処方せんに記載することといたしました。記載される検査値、基準値など詳細につきましては以下のファイルをご覧ください。

院外処方せんへの血液検査血の記載について

院外処方せんのイメージ

掲載検査項目の基準範囲

掲載検査項目の基準範囲

服薬情報提供書(トレーシングレポート)の運用について

薬薬連携・病院保険薬局連携の推進を図るため、長野市民病院薬剤部では服薬情報提供書(トレーシングレポート)を用意いたしました。御利用ください。運用の詳細は以下のファイルを参照ください。

トレーシングレポートの運用について

服薬情報提供書(トレーシングレポートPDFファイル)

服薬情報提供書(トレーシングレポートWordファイル)

一般名処方導入について

この度、当院では一部の医薬品を順次、一般名処方による院外処方せんの交付を開始いたします。
つきましては、患者さんへのご対応と、ご相談・ご説明をお願いいたします。

運用開始日

2020年11月4日

対象医薬品

厚生労働省より発表されている「処方箋に記載する一般名処方の標準的記載について(令和2年6月19日適用)」に記載されている当院採用薬品の一部
順次、一般名薬品に変更していきます。

院外処方せんの様式変更について

当院では2020年12月25日より院外処方せんに「QRコード」と「身体情報」の掲載を開始しました。
また以前から記載しておりました検査値についても一部項目追加を行います。
読み取り用のQRコードの印字は、保険薬局と連携し、外来患者さんにより安全で安心な医療を提供することを目的とします。
なお、QRコードは10個までの表示となりますので、収納しきれない処方の場合は、QRコードが読めませんので、ご了承ください。
身体情報は測定日について制限をかけておりませんので、過去の値が掲載することがあります。必ず測定日を確認し、必要時は患者さんへの確認をお願いいたします。

院外処方せんの様式変更について

長野市民病院がん薬物療法レジメンについて

当院で行うがん薬物療法のレジメンは、薬物療法センター委員会にて審査・承認されたものです。
投与スケジュール等は、患者さんの状態により変更されている場合があります。
レジメンに関する照会は、以下にお問い合わせください。
なお、情報のフィードバックについては、服薬情報提供書(トレーシングレポート)をご利用ください。

お問い合わせ

長野市民病院 薬剤部 TEL:026-295-1199(代表・内線3152)
受付時間:月~金 9:00~17:00(祝日、国民の休日、年末年始〔12/29~1/3〕を除く)

長野市民病院がん薬物療法レジメン集

認定施設

  • 日本医療薬学会 がん専門薬剤師研修施設
  • 日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師研修施設
  • 日本糖尿病療養指導士認定機構 糖尿病指導療法士条件対応施設
  • 日本臨床栄養代謝学会 栄養サポートチーム(NST)専門療法士認定教育施設
  • 日本臨床腫瘍薬学会 がん診療病院連携研修施設

なにをお探しですか?

ページトップへ戻るボタン