救急診療について

19:00〜翌6:00まで 026-295-1291(直通)
上記以外の時間帯 026-295-1199(代表)
救急診療について
  • 医療関係者の方

  • 採用情報

  • 臨床研修・後期研修

消化器外科

消化器外科

食道がんや胃がんなど進行に応じた手術が可能。豊富な経験に基づいた腹腔鏡下手術が治療の柱の一つ

ご挨拶

食道、胃、十二指腸、小腸などの疾患の手術治療、消化器がんの化学療法、鼠径ヘルニアなど腹部良性疾患の手術療法を行っている診療科です。

なかでも食道がんや胃がんなど高度の技術を要する消化器がんの手術や化学療法の経験症例数が多いのが特徴です。

2016年よりロボット支援胃がん手術開始し、2018年4月より保険診療でロボット支援胃がん手術を実施しています。

消化器外科部長 関 仁誌

診療内容

食道や胃、十二指腸、小腸などの消化器疾患の外科治療をする診療科です。食道がんや胃がんといった悪性疾患の治療が大半を占めています。

治療は、消化器内科による検査結果を踏まえた上で、内科・外科双方の専門医が話し合って方針を選択しています。

手術は、がんの進行や患者さんの意向に応じて、腹腔鏡下手術から開腹手術まで幅広く対応しています。

豊富な経験に基づいた腹腔(胸腔)鏡下手術、ロボット支援下手術が治療の柱の一つになっています。

主にこのような方を診ています

  • 食道がん
  • 胃がん
  • 十二指腸がん
  • 小腸がん
  • 大腸がん
  • 肛門がん
  • 食道アカラシア
  • 鼠径ヘルニア
  • 虫垂炎

手術治療の特徴~腹腔(胸腔)鏡下手術、ロボット手術~

当科の手術治療の大きな特徴は、豊富な経験に基づいた腹腔(胸腔)鏡下手術、ロボット支援下手術が治療の柱の一つになっていることです。平成21年5月からは単孔式手術が胆石やヘルニアなどの良性疾患を中心に開始され従来の腹腔鏡下手術よりさらに整容性に優れています。

食道がん

1995年の開院時より胸腔鏡下食道切除術を開始し、2008年より腹臥位手術を導入し、術後肺炎などの合併症が少ないのが特徴です。吻合部縫合不全は全国平均より少なく、安全に手術治療を実施しています。2022年末までに297例実施しています。

胃がん

1995年の開院時より胃がんに対する腹腔鏡手術を開始し、2022年末までに1093例実施しました。2016年からダ・ヴィンチによる胃がん手術を開始し、厚労省と学会の厳しい基準をクリアして2018年4月より保険診療として実施しており、これまでに58例実施しました。胃の手術症例数は、開腹術も合わせると2,500例を超えています。

化学療法(抗がん剤による治療)

消化器がんの切除不能・再発症例においては、積極的な化学療法、放射線療法を実施しており、再切除可能な症例では手術も積極的に行います。そのような症例では早くから緩和医療も導入しています。2015年より日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医が加わり、より綿密な化学療法が可能になっています。

  • 関 仁誌 せき ひとし

    1987年卒

    役職

    院長補佐
    消化器外科部長
    肝臓・胆のう・膵臓外科副部長

    資格

    日本外科学会 指導医・外科専門医
    日本消化器外科学会 指導医・消化器外科専門医
    日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医・評議員
    日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
    日本医師会 認定産業医
    日本臨床栄養代謝学会 認定医・評議員

  • 小林 聡 こばやし あきら

    1990年卒

    役職

    消化器外科副部長
    肝臓・胆のう・膵臓外科部長
    ロボット手術センター科長

    資格

    日本外科学会 指導医・外科専門医
    日本消化器外科学会 指導医・消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医
    日本肝臓学会 指導医・肝臓専門医
    日本消化器病学会 指導医・消化器病専門医
    日本内視鏡外科学会 技術認定医
    日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医
    日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

    専門分野

    消化器 ※肝臓、胆道、膵臓

  • 髙田 学 たかた まなぶ

    1991年卒

    役職

    消化器外科副部長
    大腸外科部長
    IBD(炎症性腸疾患)センター副センター長
    ロボット手術センター科長
    救急センター科長

    資格

    日本外科学会 指導医・外科専門医
    日本消化器外科学会 指導医・消化器外科専門医・認定医・消化器がん外科治療認定医
    日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・認定医
    日本内視鏡外科学会 技術認定医
    日本外科感染症学会 外科周術期感染管理認定医・教育医
    ICD制度協議会 インフェクションコントロールドクター
    日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

    専門分野

    消化器、大腸

  • 佐近 雅宏 さこん まさひろ

    2000年卒

    役職

    消化器外科副部長
    ロボット手術センター科長

    資格

    日本外科学会 指導医・外科専門医
    日本消化器外科学会 指導医・消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医
    日本内視鏡外科学会 技術認定医・ロボット支援手術プロクター認定(消化器・一般外科)・評議員
    日本食道学会 食道科認定医
    日本消化器病学会 消化器病専門医
    日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
    日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医

    専門分野

    消化器

  • 関野 康 せきの やすし

    2001年卒

    役職

    消化器外科副部長
    臨床腫瘍科部長
    がんセンター副センター長
    がんセンター化学療法センター長
    がんセンターがんゲノム医療センター長

    資格

    日本外科学会 指導医・外科専門医
    日本消化器外科学会 指導医・消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医
    日本内視鏡外科学会 技術認定医
    日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法指導医・がん薬物療法専門医
    日本消化器病学会 消化器病専門医
    日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

    専門分野

    消化器

  • 林原 香織 はやしばら かおり

    2000年卒

    役職

    消化器外科副部長
    大腸外科副部長

    資格

    日本外科学会 外科専門医
    日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医
    日本内視鏡外科学会 技術認定医
    日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
    日本消化管学会 胃腸科専門医
    日本腹部救急医学会 腹部救急認定医
    ICD制度協議会 インフェクションコントロールドクター
    日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医

    専門分野

    消化器、大腸

  • 髙橋 祐輔 たかはし ゆうすけ

    2007年卒

    役職

    消化器外科副部長
    肝臓・胆のう・膵臓外科副部長

    資格

    日本外科学会 外科専門医
    日本消化器外科学会 指導医・消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医
    日本肝胆膵外科学会 高度技能専門医

    専門分野

    消化器 ※肝臓、胆道、膵臓

  • 小林 亮一郎 こばやし りょういちろう

    2017年卒

    役職

    消化器外科医長

    資格

    日本外科学会 外科専門医
    日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医

    専門分野

    消化器

  • 平野 翔平 ひらの しょうへい

    2018年卒

    役職

    消化器外科医長

    資格

    日本外科学会 外科専門医

    専門分野

    消化器

2024/04/01 更新

消化器外科、肝臓・胆のう・膵臓外科、肝臓外科 共通

○髙田 学
○林原 香織
○関 仁誌
○髙橋 祐輔
○佐近 雅宏
○平野 翔平
○小林 聡 ○小林 亮一郎
○関 仁誌

記号の説明

○:初診担当 / ◎:完全予約制 / ◆:紹介のみ / ▲:紹介、救急のみ / ▼11時診療開始
☆:午後のみ / ★第3週のみ / △:第2木曜日休診 / ◇:午前のみ

キーワード

  • 消化器がん
    (食道がん、胃がん、十二指腸がん、小腸がん)
  • 胸腔鏡下手術
  • 腹腔鏡下手術
  • 単孔式腹腔鏡手術
  • 開胸手術
  • 開腹手術
  • 手術支援ロボット ダ・ヴィンチ
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医

特徴・特色

  • 食道、胃、十二指腸、小腸の消化器がんの手術(胸腔鏡下、腹腔鏡下、開胸、開腹)、化学療法を実施しています。
    特に進行がんでは、治療成績向上のために、術前化学療法を実施しており、ガイドラインに沿った標準治療を行くように心がけています。
  • 良性疾患としては、食道アカラシア、鼠径ヘルニア、虫垂炎などの腹腔鏡下手術を実施しています。
  • がん、良性疾患に対する胸腔鏡・腹腔鏡下手術を多数実施し、また、単孔式腹腔鏡手術も2009 年5 月より開始し、より低侵襲の治療をめざしています。
  • 2016 年9 月より胃がんに対するロボット補助下(ダ・ヴィンチ)手術を開始しています。
  • 臨床試験は国立がんセンター、がん研究会有明病院などと協力して全国規模の胃がん、大腸がん、肝臓がんの研究に参加しています。

主な対象疾患名

食道、胃、十二指腸、小腸の疾患の外科治療、消化器がんの化学療法、鼠径ヘルニアの手術療法

なにをお探しですか?

ページトップへ戻るボタン