救急診療について

19:00〜翌6:00まで 026-295-1291(直通)
上記以外の時間帯 026-295-1199(代表)
救急診療について
  • 医療関係者の方

  • 採用情報

  • 臨床研修・後期研修

呼吸器内科

呼吸器内科

それぞれの専門性を生かしながら、北信地域のあらゆる重篤な呼吸器疾患に対応

ご挨拶

がんや肺炎、喘息といった呼吸器症状のある疾患の方、また、胸部異常陰影を指摘された方などに専門的医療を提供する診療科です。
呼吸器内科の対象となる疾患は多岐にわたることが一つの特徴であり、スタッフそれぞれの専門性を生かしながらチームとして、北信地域のあらゆる重篤な呼吸器疾患に対応しています。中でもがん診療については、呼吸器外科や放射線診断・治療科とも連携を密にし早期診断と迅速な治療を心掛けています。

呼吸器内科部長 吉池 文明

診療内容

呼吸器症状を有する肺の病気の方や健診で胸部異常陰影を指摘された方などに、質の高い専門的医療を提供する診療科です。

呼吸器内科の対象となる疾患は、がん、肺炎や結核などの感染症、喫煙との関連が深い慢性閉塞性肺疾患(COPD)、原因不明のものや膠原病などに伴う間質性肺炎、アレルギーの関与する喘息、良質の睡眠が得られなくなる睡眠時無呼吸症候群など、多岐にわたることが特徴です。

患者さんは、他の医療機関からの精査・加療目的の紹介や、当院救急外来を受診した方がほとんどです。大多数の方は既に何らかの検査や治療を受けており、正確な診断や適切な治療に至るまでの道のりは決して容易なものではありません。まずは詳細な病歴聴取の上、丁寧な全身の診察を行います。次に、必要と考えられる検査を進めて行きますが、まずはからだに負担の少ないものから行います。血液や痰の検査、呼吸機能検査、心電図、胸部X線検査などです。そこで異常が認められれば、さらに次のステップとして胸部CT、MRI、PET検査などを行います。そして、がんが疑われる方には気管支内視鏡検査を、睡眠時無呼吸症候群が疑われる方には1泊入院の上、終夜睡眠検査を行って確定診断を下します。

診断や治療に関しては、入院患者さんは全例、また外来通院の方でも診断や治療に難渋する症例は呼吸器内科全員で相談しながら検査や治療方針を立てています。また、特に肺がんの患者さんに関しては、呼吸器内科だけではなく、呼吸器外科や放射線治療科との検討会を通して、迅速かつ最善の治療が提供できるよう心掛けています。

主な疾患

  • 咳、痰
  • 息切れ
  • 呼吸困難
  • 胸痛
  • 胸部X線・CT異常
  • 痰に血が混じる
  • 日中の眠気

他多数の疾患

  • 吉池 文明 よしいけ ふみあき

    1996年卒

    役職

    副院長
    呼吸器内科部長
    腫瘍内科部長
    薬剤部部長
    感染対策室室長

    資格

    日本内科学会 総合内科専門医・認定内科医・信越支部評議員
    日本呼吸器学会 指導医・呼吸器専門医
    日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
    ICD制度協議会 インフェクションコントロールドクター
    信州大学医学部 臨床准教授

    専門分野

    呼吸器

  • 野沢 修平 のざわ しゅうへい

    2011年卒

    役職

    呼吸器内科副部長
    がんセンターがんゲノム医療センター科長

    資格

    日本内科学会 総合内科専門医・認定内科医
    日本呼吸器学会 呼吸器専門医

    専門分野

    呼吸器内科

  • 篠﨑 有矢 しのざき ゆうや

    2020年卒

    役職

    呼吸器内科医師

    専門分野

    呼吸器内科

2024/04/01 更新

〇◇吉池 文明
◇野沢 修平
篠﨑 有矢
◇野沢 修平
- 吉池 文明
野沢 修平
〇篠﨑 有矢

記号の説明

○:初診担当 / ◎:完全予約制 / ◆:紹介のみ / ▲:紹介、救急のみ / ▼11時診療開始
☆:午後のみ / ★第3週のみ / △:第2木曜日休診 / ◇:午前のみ

キーワード

  • 地域がん診療連携拠点病院
  • 日本呼吸器学会認定施設
  • アレルギー専門医準教育研修施設
  • 肺がん集学的治療
  • 超音波ガイド下経気管支針生検(EBUS-TBNA)、ヴァーチャル気管支鏡ナビゲーションシステム
  • 終夜睡眠検査

特徴・特色

当科の最大の特徴は3名の呼吸器専門医と2名の若手医師、計5名のチームワークの良さだと思っております。それぞれの専門性を生かしながらチームとして、北信地域のあらゆる重篤な呼吸器疾患に対応しています。特にがん診療においては、呼吸器外科や放射線診断・治療科 との連携を密にし、早期診断と迅速な治療を心掛けています。手術適応のある方は可能な限り外科的切除の方針とし、手術適応のない方には化学療法や放射線治療を駆使し、集学的治療を心掛けています。肺がんの化学療法は主に当科で行っていますが、従来の殺細胞性抗がん薬に加え、新しい分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬も積極的に取り入れています。一方、緩和医療に関しても緩和ケアチームの助言を得ながら少しでも患者さんの苦痛の軽減を図るよう努めています。 また、セカンドオピニオンにも積極的に対応しており、近年は近隣医療機関からの依頼も増加しています。

平成29年4月からは新たに常勤医が1名増え、気管支内視鏡検査のさらなる充実とアレルギー疾患に対する専門診療も可能となりました。また、常勤医が5名となり、毎日新患外来を行える態勢も整いました。

以上のような当科の特徴を最大限発揮しながら、がんはもちろんのこと、感染症、びまん性肺疾患、COPD、喘息・アレルギー疾患、睡眠時無呼吸症候群など、全ての患者さんのニーズに十分応えられる良質な医療を提供していきたいと考えています。

当科の得意とするところ

肺がんの早期診断と集学的治療
重症肺炎、ARDS、特発性間質性肺炎、COPDの増悪など重篤な呼吸器疾患に対するチームでの対応
睡眠時無呼吸症候群、禁煙外来、セカンドオピニオン、在宅酸素療法・CPAP・NIPへの導入および管理などあらゆるニーズに対応
急性期医療に加え地域包括ケア病棟を活用して患者さんのニーズに対応

主な対象疾患名

  • 肺の悪性腫瘍
  • 呼吸器感染症
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)
  • 気管支喘息
  • びまん性肺疾患
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 禁煙外来 など

なにをお探しですか?

ページトップへ戻るボタン