救急診療について

19:00〜翌6:00まで 026-295-1291(直通)
上記以外の時間帯 026-295-1199(代表)
救急診療について
  • 医療関係者の方

  • 採用情報

  • 臨床研修・後期研修

リウマチ科

リウマチ科

超音波検査を用い、より早期発見、早期診断をめざす

ご挨拶

肩や筋肉、関節の痛みをおこす病気全般の診断と治療を行う診療科です。
リウマチ科の対象疾患は多岐にわたりますが、代表的なのは関節リウマチです。
関節リウマチは、女性に多い病気として知られていますが、男性の患者さんも2割ほどいます。発症するピークは30~50歳代ですが、60歳以降に発症する方も少なくありません。
一昔前までは治らない、打つ手がないといった印象もありましたが近年リウマチ治療は大きく進歩しています。新しい薬も次々と開発され、寛解といってリウマチの症状が消失した状態の維持をめざす時代になってきています。
リウマチは早期に診断し、治療することが大切です。

リウマチ科副部長 藤澤 多佳子

診療内容

RAとは自身を守るための免疫が暴走して間違えて自分を攻撃し関節の痛みや腫れが生じる病気です。進行すると関節の変形や機能障害を来します。さらに関節だけでなく、肺をはじめとした全身に影響を及ぼすため、生命予後にも影響する病気です。かつては関節破壊、変形により寝たきりになることも多く寿命を10年短縮すると言われていましたが、現在はできるだけ早期に診断して早期に加療を行うことができれば関節が壊れることを防ぎ、さらに生命予後までも改善しつつあります。
これまでは中年に発症することが多かったのですが近年の発症のピークは60歳代後半と高齢発症が増加しています。一口にリウマチといっても発症する部位、数、程度、さらに経過は人それぞれで個々に応じた治療を一緒に決めていきます。
治療の目標は緩解といって炎症を抑え込むことですが薬が効きにくい難治症例が約10%存在することも事実です。治療開始までの期間が長いことも難治性の一因ですのでより早期に診断し、早期に治療を開始できるようにしましょう。
残念ながらすでに変形を来してしまっている方には変形が進まないように同じく緩解維持を、症例に応じては低疾患活動性を目標にしつつ加療します。
変形により機能障害を来している、または来すであろうと判断したときには装具療法やリハビリを提案し、手術のタイミングを逃さないように経過観察を行います。

主な疾患

  • 手のこわばり
  • 関節の腫れ
  • 関節の痛み
  • 関節の変形
  • 松田 智 まつだ さとし

    1984年卒

    役職

    副院長
    リウマチ科部長
    整形外科部長
    四肢外傷・機能再建センター長
    救急センター科長

    資格

    日本整形外科学会 整形外科専門医・認定スポーツ医
    日本手外科学会 手外科専門医
    日本骨折治療学会 評議員
    中部日本整形外科災害外科学会 評議員
    信州大学医学部 臨床教授

    専門分野

    上肢、末梢神経、マイクロサージャリー、肩関節疾患、難治性骨折

  • 藤澤 多佳子 ふじさわ たかこ

    1994年卒

    役職

    リウマチ科副部長
    整形外科副部長
    四肢外傷・機能再建センター科長

    資格

    日本整形外科学会 整形外科専門医・認定リウマチ医
    日本リウマチ学会 リウマチ専門医

    専門分野

    整形外科・リウマチ

2024/04/01 更新

- - 藤澤 多佳子 - -

記号の説明

○:初診担当 / ◎:完全予約制 / ◆:紹介のみ / ▲:紹介、救急のみ / ▼11時診療開始
☆:午後のみ / ★第3週のみ / △:第2木曜日休診 / ◇:午前のみ

実績は整形外科のページをご覧ください。

まず鑑別診断を行います。関節痛、関節周囲の痛みを惹起するRAと似て非なる疾患は多岐にわたります。頻度的には退行変性疾患が目立ちますが微生物や腫瘍由来も稀ではなく、稀な例では骨系統疾患の診断に至ることもあります。将来RAになる可能性があるがまだRAの診断に至らない“分類不能関節炎”も少なくないため、そのような症例は経過観察、症状次第で膠原病内科へ紹介します。

リウマチの診断がついたらガイドラインに沿って目標を見据えた治療戦略により早期に疾患活動性を抑制し、関節破壊の進行を止め生命予後を改善させることを目指します。
生物学的製剤、分子標的薬を考慮した薬物治療、関節内注射、装具療法や靴の相談、生活動作の工夫、指導、手術のタイミングを見極めます。
骨質不良も生命予後と手術成績に影響をきたすため骨粗鬆症治療を積極的に行います。

なにをお探しですか?

ページトップへ戻るボタン