救急診療について

19:00〜翌6:00まで 026-295-1291(直通)
上記以外の時間帯 026-295-1199(代表)
救急診療について
  • 医療関係者の方

  • 採用情報

  • 臨床研修・後期研修

頭頸部外科

頭頸部外科

頭頸部領域のがん診断・治療のほか、日帰りの小手術などにも対応

ご挨拶

首から上(脳・眼球・頸椎・歯を除く)の腫瘍や、発声や嚥下に関連する外科治療を主に扱う診療科です。
特に頭頸部領域のがんの診断・治療を専門としています。超音波診断装置など医療設備も充実していて、唾液腺・甲状腺・頸部リンパ節の診断などに効果を発揮しています。また、アレルギー性鼻炎に対する高周波電気凝固、鼻閉に対する外来鼻茸切除術などの小手術は、外来日帰りで行っています。

頭頸部外科部長 横溝 道範

診療内容

頭頸部外科は、脳・眼球・頸椎・歯を除いた首から上の良性・悪性腫瘍を主に治療する科です。
また、発声や嚥下に関連する外科治療も行います。特に頭頸部領域の癌の診断・治療を専門としています。ただし、扱う領域は耳鼻咽喉科と同じです。
そこで、当院では実質的には「耳鼻咽喉科・頭頸部外科」として共同で診療にあたっていきます。なお、甲状腺外科も頭頸部外科で扱います。

脳・眼・頸椎・歯を除いた首から上の医科の専門家は耳鼻咽喉科です。頭頸部癌の治療はガイドラインを基本として、これまでの経験に照らし合わせながら、患者さんの状態にあわせた適切な治療をしています。専用の超音波診断装置を有しており、唾液腺・甲状腺・頸部リンパ節の診断・フォローに有用です。また、アレルギー性鼻炎に対する高周波電気凝固、鼻閉に対する外来鼻茸切除術、などの小手術は外来日帰りで実施可能です。

主な疾患

  • しゃべりにくい
  • 飲み込みにくい
  • 顔や首にしこりがある
  • 鼻血が出やすい
  • 舌にしこりがある
  • 声がかすれる
  • 顔に変形が生じた
  • 横溝 道範 よこみぞ みちのり

    1988年卒

    一言メッセージ

    信州大学を卒業後、国立水戸病院で耳鼻科全般の診療に従事しながら癌研病院頭頸科に手術見学に2年間通いました。その後、秋田大学・大曲厚生医療センターにて頭頸部癌診療を中心に耳鼻科診療全般をしてきました。これからは長野市で高い水準の頭頸部癌診療・耳鼻咽喉科診療をお届けできるように頑張りたいと思っています。

    役職

     頭頸部外科部長

    資格

    日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門研修指導医・耳鼻咽喉科専門医

    専門分野

    頭頸部外科

2024/04/01 更新

耳鼻いんこう科、頭頸部外科 共通

大塚 明弘
横溝 道範
-
横溝 道範
大塚 明弘
-
大塚 明弘
横溝 道範
大塚 明弘
横溝 道範

記号の説明

○:初診担当 / ◎:完全予約制 / ◆:紹介のみ / ▲:紹介、救急のみ / ▼11時診療開始
☆:午後のみ / ★第3週のみ / △:第2木曜日休診 / ◇:午前のみ

キーワード

  • 頭頸部がん
  • 耳鼻咽喉科
  • 甲状腺外科

特徴・特色

  • 日常の診療は耳鼻いんこう科と共同で行っています。
  • 電子スコープ・超音波所見は電子カルテに記録でき、わかりやすい説明をしながら診療を進めていきます。複雑な機能を有する部位の診療ですので、患者さんに十分理解して頂けるように配慮します。
  • 医学の進歩にあわせて最新の診断・治療を提供できるように心がけています。
  • 唾液腺疾患・甲状腺疾患・頸部疾患についても十分な診療を提供します。
  • 音声・嚥下障害、特に反回神経麻痺に対する外科治療や嚥下障害に対する外科治療にも対応します。
  • 再建外科・化学療法・緩和医療についても当科で対応できますが、必要に応じて関係各科とも連携します。
  • さまざまな頭頸部の後遺障害に対する対応についても相談できます。

当科の得意とするところ

頭頸部がん全般にわたって、診断から治療まで、最初から最後までしっかりと最先端の医療をお届けします。関係各科・院外の関連諸施設とも連携を重視していきます。

主な対象疾患名

  • 鼻副鼻腔がん
  • 口腔がん(舌がん・歯肉がんなど)
  • 上咽頭がん
  • 中咽頭がん
  • 下咽頭がん
  • 喉頭がん
  • 甲状腺がん
  • 頸部腫瘍
  • 顔面腫瘍
  • 口腔内腫瘍
  • 副咽頭間隙腫瘍
  • 甲状腺腫瘍
  • 腺腫様甲状腺腫
  • 原発性副甲状腺機能亢進症
  • 反回神経麻痺
  • アレルギー性鼻炎

他多数の疾患

なにをお探しですか?

ページトップへ戻るボタン