救急診療について

19:00〜翌6:00まで 026-295-1291(直通)
上記以外の時間帯 026-295-1199(代表)
救急診療について
  • 医療関係者の方

  • 採用情報

  • 臨床研修・後期研修

形成外科

形成外科

体表の先天異常による変形をなるべく正常に近い状態へ修復。乳房再建にも注力

ご挨拶

体表の先天異常や外傷・腫瘍などによって生じた変形や機能障害を、なるべく正常に近い状態へと修復するのを目的とした外科学の一分野です。キズあともなるべく目立たなくなるよう、細かく丁寧な縫合に留意して正常に近い状態へ修復していきます。また、乳がんで失った乳房を手術で作り直す、乳房再建手術にも積極的に取り組んでいます。

形成外科部長 滝 建志

診療内容

体表の先天異常や外傷・腫瘍などによって生じた変形や機能障害を、なるべく正常に近い状態へと修復するのを目的とした外科学の一分野です。

なるべくキズあとが目立たないよう、細かく丁寧な縫合が形成外科の基本です。ケガの処置や、皮膚・皮下のできものを切り取る際には、常にこれを心掛けています。また、段差や幅が大きくて目立つキズあとや引きつれてしまったキズあとを、手術で修正することもあります。ケロイドに対しては、ステロイドの局所注射や放射線治療も併用します。
生まれつきの耳の変形には、乳児期であれば矯正で改善するものもありますが、無効な場合には手術で形を直します。
瞼が挙がりづらい眼瞼下垂症には生まれつきのもの(先天性)と、加齢やコンタクト・レンズによって生じる後天性のものがあります。先天性では弱視の心配があり、後天性では視界が狭まり物が見づらい・疲れるといった症状や、頭痛・肩凝りのひとつの原因ともなります。そうした場合には、それぞれ手術の対象となります。
悪性腫瘍切除後の再建手術も、当科の重要な分野のひとつです。特に乳房再建は、乳腺外科との協力のもと、一次再建(乳がん切除後同時再建)を多く手がけています。また、乳がん切除後変形に対する二次再建(異時再建)も可能です。
シミやアザにはレーザー治療が有効なものがあり、当科では用途に応じて二種類のレーザー機器を使い分けています。

Q-スイッチNd:YAGレーザー

青・茶・黒色の病変をターゲットとするレーザーです。シミ(老人性色素斑)や青・茶色のアザ(太田母斑、異所性蒙古斑、扁平母斑など)、Tattoo(アートメイク、外傷性刺青を含む)の色を薄くするのに効果があります。

CO2レーザー

小さなイボやホクロなどを削って除去するレーザーです。手術に比べてキズあとになりにくいのが利点です。

主な疾患

  • 切り傷
  • やけど(熱傷)
  • 目立つキズあと・ケロイド
  • 顔面の骨折
  • 皮膚・皮下のできもの
  • 瞼が挙がりづらい
  • 逆さまつげ
  • 耳の変形
  • 出べそ
  • シミ・アザ
  • 滝 建志 たき けんじ

    1990年卒

    役職

    形成外科部長
    四肢外傷・機能再建センター科長
    フットケアセンター科長

    資格

    日本形成外科学会 形成外科専門医・領域指導医・皮膚腫瘍外科分野指導医・小児形成外科分野指導医
    日本創傷外科学会 創傷外科専門医
    日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 乳房再建用エキスパンダー/インプラント基準医師・責任医師

    専門分野

    形成外科全般

  • 長屋 裕之 ながや ひろゆき

    2015年卒

    役職

    形成外科医長
    四肢外傷・機能再建センター医長

    資格

    日本形成外科学会 形成外科専門医
    日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 乳房再建用エキスパンダー/インプラント実施医師

    専門分野

    形成外科

2024/04/01 更新

○長屋 裕之
滝 建志
○滝 建志
長屋 裕之
○長屋 裕之
滝 建志
○滝 建志
長屋 裕之
○長屋 裕之
滝 建志

記号の説明

○:初診担当 / ◎:完全予約制 / ◆:紹介のみ / ▲:紹介、救急のみ / ▼11時診療開始
☆:午後のみ / ★第3週のみ / △:第2木曜日休診 / ◇:午前のみ

キーワード

  • 日本形成外科学会認定施設
  • 日本乳房オンコプラスティック学会エキスパンダー実施施設・インプラント実施施設
  • 眼瞼下垂症
  • 乳房再建
  • 頭頸部再建
  • Q-switched Nd:YAG レーザー
  • CO2レーザー
  • 局所陰圧閉鎖療法

特徴・特色

  • 体表の外傷(切創、挫創、熱傷、顔面骨骨折など)及び腫瘍(皮膚・皮下の良性及び悪性腫瘍)、先天異常(眼瞼下垂症、耳介奇形、漏斗胸、臍ヘルニアなど)に対して外科治療を行っています。
  • 難治性の創傷には局所陰圧閉鎖療法を積極的に用いた管理を行い、早期の治癒を目指しています。
  • 広範な外傷や悪性腫瘍切除後では、各種組織移植を駆使した再建手術を行います。特に頭頸部や乳房の再建においては、関係各科との密接な連携のもと診療を行っています。
  • レーザー機器を用いた“切らない”治療も行っています。それぞれの適応症は以下のとおりで、いずれも自費診療となります。
  • CO2 Laser:イボ・ホクロ等の小腫瘍の蒸散
    Q-switched Nd:YAG Laser:シミ・アザ・Tattooの除去

当科の得意とするところ

後天性(腱膜性)眼瞼下垂症は、上眼瞼挙筋腱膜の瞼板付着部が緩んでしまうことにより生じます。多くは加齢によりますが、コンタクトレンズ(特にハード)を長期装用している場合や、開瞼器を用いた眼科手術の後に生じることもあります。眼瞼余剰皮膚の切除と腱膜固定の手術を行うと、楽に開瞼できるようになります。眼瞼下垂は頭痛・肩凝りのひとつの要因でもあり、手術によってこれらの症状が改善される場合があります。

乳がん切除後の乳房再建は、乳腺外科との綿密な連携のもとに行っており、腹直筋皮弁を用いた一次一期再建(乳房切除と同時に再建)を主に手がけています。一回の手術で再建まで全てを終えることができ、患者自身が乳房の喪失感を味わうことがないのが最大の利点です。挙児希望のある方では広背筋皮弁を用いて再建します。また、以前に乳房切除を受けた方に対する二次再建や、乳房インプラントを用いた二期再建も可能です。

主な対象疾患名

  • 先天異常:口唇口蓋裂、副耳・小耳症などの耳の変形、逆さ睫毛、先天性眼瞼下垂症、 漏斗胸、出べそ、生まれつきのアザ
  • 外傷:切創・挫創・熱傷など体表の外傷、あるいはキズアトのケロイド、顔面骨骨折
  • 腫瘍:皮膚・皮下の良性および悪性腫瘍の摘出
  • 再建外科:広範な外傷や悪性腫瘍切除後の再建外科、頭頸部再建、乳房再建
  • その他:シミ、腱膜性(後天性)眼瞼下垂症、腋臭症(わきが)

なにをお探しですか?

ページトップへ戻るボタン