救急診療について

19:00〜翌6:00まで 026-295-1291(直通)
上記以外の時間帯 026-295-1199(代表)
救急診療について
  • 医療関係者の方

  • 採用情報

  • 臨床研修・後期研修

眼科

眼科

無自覚のうちに進行する眼の疾患も多いため、注意深い検査・観察が必要

ご挨拶

眼とその周辺器官の疾患を扱う診療科です。
眼は物が見えている状態であれば、特に問題はないと思ってしまいがちですが、眼科の疾患には自覚症状のないうちに進行してしまうものも多くあります。糖尿病網膜症や緑内障などは失明につながる重大疾患ですが、初期は自覚症状に乏しいため注意が必要です。自分で状態を判断することが困難なので、眼科で検査を受けてみましょう。

眼科部長 風間 淳

診療内容

眼科で扱う領域は、眼とその周辺器官です。「見る」ということは五感の一つで、意識的に自覚することができます。ですから、ものが見えているという感覚があると、眼には問題がないと思ってしまうことがあるかもしれません。しかし眼科の疾患には自覚症状に乏しいものも多いので、自覚的に不具合を感じなくとも、経過観察が大事になる疾患もたくさんあります。

主な疾患

  • ものがよく見えない
  • ものが歪んで見える
  • ものが二つに見える
  • 異物が映って見える
  • 眼を開けているのがつらい

眼科の代表的な疾患である白内障は、基本的に入院の上手術を行っています。
糖尿病や緑内障など、特に初期の段階で自覚症状に乏しい疾患の経過の確認。
全身疾患に伴う眼科的所見の確認。

  • 風間 淳 かざま あつし

    1989年卒

    役職

    眼科部長

    資格

    日本眼科学会 眼科専門医

    専門分野

    眼科一般

2024/04/01 更新

○風間 淳 風間 淳
○中村 さち子
風間 淳
○黒川 徹
○風間 淳 ○風間 淳

記号の説明

○:初診担当 / ◎:完全予約制 / ◆:紹介のみ / ▲:紹介、救急のみ / ▼11時診療開始
☆:午後のみ / ★第3週のみ / △:第2木曜日休診 / ◇:午前のみ

キーワード

  • ボトックス治療

特徴・特色

  • 外来診療は基本的に予約制です。
  • 午前中は通常の外来、午後は予定検査、処置等となっています。火曜日の午後は手術です。
  • 常勤一人体制ですが、中村 さち子先生に火曜日午前の外来をお手伝いいただき、引き続き午後の手術での助手もお勤めいただいています。
    また、水曜日は信州大学講師の黒川 徹先生に主に外来の応援をお願いしています。
    視能訓練士は、通常二人体制となっています。
  • 眼瞼痙攣の診断を行っています。

当科の得意とするところ

  • 白内障
  • 眼瞼痙攣

主な対象疾患名

    • ボツリヌス治療〔眼瞼痙攣(がんけんけいれん)のみ〕午後 予約制
      ※適応:両眼性の瞬目過多とともに開瞼困難の方
    • 白内障手術

他多数の疾患

なにをお探しですか?

ページトップへ戻るボタン