救急診療について

19:00〜翌6:00まで 026-295-1291(直通)
上記以外の時間帯 026-295-1199(代表)
救急診療について
  • 医療関係者の方

  • 採用情報

  • 臨床研修・後期研修

臨床工学科

臨床工学科

いのちを守る医療機器(生命維持管理装置)のエキスパート

臨床工学科では、医師の指示のもと、生命維持管理装置の保守点検及び操作をしています。
主な業務は透析・各血液浄化業務、人工呼吸器業務、高気圧酸素業務、心臓カテーテル業務、手術室業務、医療機器の保守点検管理を行っています。
また24時間365日緊急の対応ができるよう、体制を整えています。

基本方針及び診療の概要

高度化する医療機器の安全と質の向上を目指し、病院機能の底上げに寄与する。

目標

人材育成・技術力向上・適切な医療機器の整備

患者さんへ

臨床工学技士は、多様な医療機器を通じ患者さんと関わりを持っています。より良い治療を提供できるよう研鑽を重ねてまいります。

各業務について

血液浄化療法業務

慢性腎不全の患者さんの人工透析・導入期や急性腎不全・各種膠原病などに対して血液浄化療法(エンドトキシン吸着・持続的血液透析濾過・血漿交換など)を行っています。

透析センターのページへ

手術センター関連業務

手術が安全かつ円滑に行われるよう機器の点検を行っています。また、人工心肺装置など手術に使用する機器の操作も行っています。

手術センターのページへ

心・血管カテーテル関連業務

血管撮影室でのカテーテル治療に対応し、大動脈バルーンパンピング装置、経皮的心肺補助装置、血管内超音波装置などの操作を行っています。

心臓血管センターのページへ

不整脈治療関連業務

植込みデバイス関連業務

植込み時の立ち会いや、設定変更などを行っています。また定期的な外来チェックも行っており、遠隔モニタリングも対応しています。

心臓血管センターのページへ

カテーテルアブレーション関連業務

3Dマッピング装置や電気刺激装置など、治療に関わる医療機器の点検や操作を行っています。

心臓血管センターのページへ

呼吸療法関連業務

集中治療室、一般病棟において人工呼吸器の使用中点検を行い、安全に使用できる環境整備に努めています。

高気圧酸素治療業務

大気圧より高い気圧環境で高濃度の酸素を吸入することにより病態の改善を図る治療装置の操作を行っています。

医療機器管理業務

医療機器がいつも適正に稼動するために、マシンセンターで院内の機器(輸液・シリンジポンプ、除細動器など)の中央管理を行っています。

有資格者一覧
(2024年2月現在)

日本生体医工学会 第2種ME技術実力試験 4名
日本救急医学会 ICLS・BLS認定インストラクター 2名
透析療法合同専門委員会 
透析技術認定士
3名
日本胸部外科学会 日本呼吸器学会 日本麻酔科学会
3学会合同 呼吸療法認定士
3名
厚生労働省 臨床検査技師 1名
日本医療機器学会 医療機器情報コミュニケータ(MDIC) 1名
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 呼吸ケア指導士 1名
日本アフェレシス学会 アフェレシス認定技士 2名
日本フットケア学会 フットケア指導士 1名
日本臨床工学技士会 認定臨床実習指導者 1名
日本心血管インターベンション治療学会
心血管インターベンション技師
1名
日本臨床工学技士会
認定集中治療関連臨床工学技士
1名
日本不整脈心電学会
植込み型心臓デバイス認定士
2名
日本DMAT隊員 1名
4学会合同体外循環技術認定士 1名
4学会1研究会合同人工心臓管理技術認定士 1名
日本生体医工学会 第1種ME技術実力試験 1名

施設認定について

当院は、公益社団法人日本臨床工学技士会の認定臨床実習指導施設に認定されています。
※認定期間:2020~2024年度

公益社団法人日本臨床工学技士会(外部リンク)

チーム医療について

病院内の各医療現場には、多くの高度医療機器が配置され、常時使用されています。 臨床工学技士もそれぞれ必要とされる立場でチーム医療の一員として活動しています。

チーム医療について

なにをお探しですか?

ページトップへ戻るボタン